single.php

HG 1/144 THE-O ジ・オ製作記 5(腕部後ハメ加工)

バンダイからリリースされている「HGジ・オ」の製作日記です。10年も前のキットですが、出来は最高の部類に入ります。

腕パーツが左右分割になっている合わせ目消しをするために動力パイプのパーツを後ハメ加工をてみました。ピン部分のカットで簡単にできるので他のキットでも応用できます。

スポンサーリンク

新型コロナで外出自粛なので積みプラを崩していくことにしました。第一弾は「HG ジ・オ」を作り始めました。

腕部の合わせ目

非常に良いキットですが、腕部分は普通に左右分割で構成されています。そのため、中央部分に残念な合わせ目が出現します。(写真は合わせ目が目立つように意図的に隙間を空けてます。あしからず)

接着して合わせ目消しの作業をして、塗装するので内側にある動力パイプのパーツを後ハメできるように加工をしていきます。

ピンカットで後ハメ加工

オーソドックスな加工ですが、パーツの固定用のピンをカットして後ハメ加工をします。ジ・オの場合は内側の動力パイプを再現しているパーツを固定するためのピンをニッパーやカッターで切り落とします。(写真の青く塗りつぶした部分)

パーツを取り付ける腕パーツにはピンの受け部分に2ミリ角棒を接着して補強します。

左右パーツを接着すると、こんな感じでプラ角棒で裏打ちになります。

ピンをカットした動力パイプのパーツを隙間に入れていきます。

裏打ちした角棒部分でパーツの高さ調整をして後ハメ加工が完成です。

まとめ

塗装を前提でキットを組む場合、合わせ目を消す処理の都合で後から組付けたい場合が出てきます。塗装時にマスキングするようなことも考えられますが、作業効率が格段に落ちるので後ハメ加工が出来ると完成までの時間を短縮することができます。

パーツの構成によっては、ピンを切り落とすだけで簡単にできるので、仮組みをしている時に想像しながら作ると楽しいですよ。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です