LEDデジタル数字を制御するアプリを開発してみる(C#編)

Raspberry Pi3 Model B+ の電子工作の記事です。先回は7セグメントLEDを点滅させる実験を行いました。今回はC#で作ったアプリを動作させてLEDで数字を表示するプログラムを開発してみました。

続きを読む LEDデジタル数字を制御するアプリを開発してみる(C#編)

VisualStudioでRaspberry Piの LEDを点滅するアプリの書き方

Raspberry Pi3 Model B+ の電子工作の記事です。先回はWindows10 IoT Coreのチュートリアルを使って簡単に「Lチカ」実験を行いました。今回はVisualStudioを使って、C#からLEDを制御してみました。

続きを読む VisualStudioでRaspberry Piの LEDを点滅するアプリの書き方

VisualStudioでWindows10 IoT Coreプログラミング

先回、Windows10 IoT CoreをセットアップしたRaspberry Pi Model B+で動作するためのアプリケーションを開発するべく、とりあえず簡単な「Hello World」的アプリの実装をしてみたら、意外に簡単だったので記事にしてみます。

続きを読む VisualStudioでWindows10 IoT Coreプログラミング

Visual Studio IntelliCodeを使ってみると以外に便利だった

Visual Studio 2019に実装されてくる「IntelliCode」ですが、2017の拡張機能としてプレビュー版がリリースされているので、すぐに試すことができます。コードを書く場合に、IntelliSenseを多用している場合には、かなり楽になるので紹介します。 続きを読む Visual Studio IntelliCodeを使ってみると以外に便利だった

Visual Studio 2019 プレビュー版で変わったところ

プレビュー版が公開された「Visual Studio 2019」のネタです。2017からの2019プレビュー版での変更点をメインに記事にしてます。 続きを読む Visual Studio 2019 プレビュー版で変わったところ

C#で作成したクラスライブラリを読み込む

先回作成した、C#で作成したモノクロ(2値化)ビットマップを扱うメソッドを、クラスライブラリ化して別のプロジェクトに読み込んで利用する方法を紹介します。 続きを読む C#で作成したクラスライブラリを読み込む

C#でPNG画像をモノクロビットマップ形式に変換する

今回はC#の開発ネタを紹介します。C#では、モノクロ画像(2値化)に関する操作が制限されているので、カラー画像をモノクロ画像に変換する方法を紹介します。 続きを読む C#でPNG画像をモノクロビットマップ形式に変換する

[Box]APIを利用してファイルをダウンロードする

先回までに認証(OAuth2)アカウント情報(UserInfo)を紹介した、クラウド上のストレージサービス[Box]のAPI記事の第3弾です。今回はファイルをダウンロードするサンプルです。 続きを読む [Box]APIを利用してファイルをダウンロードする

[Box]APIを利用してアカウント情報の取得を行う

OneDriveやGoogleドライブのように、メジャーなサービスではないですが、クラウド上のストレージサービス[Box]のAPI記事の第2弾です。先回は認証(OAuth2)でした。今回はアカウント情報を取得するサンプルです。 続きを読む [Box]APIを利用してアカウント情報の取得を行う

[Box]APIを利用してOAuth2での認証を行う

OneDriveやGoogleドライブのように、メジャーなサービスではないですが、クラウド上のストレージサービス[Box]のAPIを使って認証(OAuth)するプログラムを書いていて、情報が少なかったので備忘録的に投稿します。 続きを読む [Box]APIを利用してOAuth2での認証を行う