VC++の不要になったプロジェクト構成を削除できない場合の対処法

古いバージョンのVisual Studioからプロジェクトをアップグレードした際に、不要になったプロジェクト構成を削除する際に[操作を完了できませんでした。ポインターが無効です]メッセージが表示される場合の対処法について備忘録的な記事です。 続きを読む VC++の不要になったプロジェクト構成を削除できない場合の対処法

Visual Studio CodeでC++のデバック環境を手に入れる

Visual Studio Code使ってますか?今回は、C++をデバックする環境について紹介していきます。C#やJavaScriptより、若干セットアップするソフトがありますが、VSCodeでもC++をデバックすることが可能です。 続きを読む Visual Studio CodeでC++のデバック環境を手に入れる

実行ファイル名から実行中のプロセスIDを取得する

Win32APIのOpenProcess関数を使って、実行ファイル名から実行中のプロセスを取得する場合の方法をを備忘録的な記事として投稿します。 続きを読む 実行ファイル名から実行中のプロセスIDを取得する

OpenProcessで取得したプロセスIDをWaitForSingleObjectで監視する

Win32APIのWaitForSingleObject関数を使って、アプリケーションの終了を監視する際に、OpenProcessで取得したIDを使う場合に、少しハマッタので備忘録的な記事として投稿します。 続きを読む OpenProcessで取得したプロセスIDをWaitForSingleObjectで監視する

アプリケーションを正しく初期化できませんでした。[0xc000007b]

64ビット環境で自己実行可能形式(EXE)ファイルを実行した時に、「アプリケーションを正しく初期化できませんでした(0xc000007b)。[OK]をクリックしてアプリケーションを閉じてください。」というメッセージの話。 続きを読む アプリケーションを正しく初期化できませんでした。[0xc000007b]

プロジェクトのビルド構成で「操作を完了できませんでした。ポインターが無効です」が表示される

古いVisual Studioのコードをアップグレードした際に、テストで作成したような要らないビルド構成を削除する時に「操作を完了できませんでした」メッセージが表示される困った現象を解消した話。 続きを読む プロジェクトのビルド構成で「操作を完了できませんでした。ポインターが無効です」が表示される

C++で64ビットアプリケーションをビルド時のエラーメッセージを回避する

古いVisual Studioで作成したMFCプロジェクトを変換して64ビットアプリケーションをビルドした場合のエラーを回避する話。 続きを読む C++で64ビットアプリケーションをビルド時のエラーメッセージを回避する

MFCでアンマネージコードをマネージコードで使う場合

C++/MFCで作成したコード(アンマネージコード)を.NET Framework(マネージコード)で利用する場合には、プロジェクトの設定変更が必要になるという話。 続きを読む MFCでアンマネージコードをマネージコードで使う場合

CryptAcquireContextでエラー(NTE_EXISTS)が発生する場合

MicrosoftのCryptoAPIを利用する場合には、最初の手続きとしてCryptAcquireContext関数を呼び出して必要となる鍵ペアを取得するところから始まります。 続きを読む CryptAcquireContextでエラー(NTE_EXISTS)が発生する場合