single.php

WSLでUbuntuを停止(シャットダウン)する手順(WSL2)

Windows10のWSL(Linux 用 Windowsサブシステム)で追加されたUbuntuの動作を停止(シャットダウン)する手順を備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

WSLコマンドで自動開始

何も設定していなければ、WSLで追加したUbuntuなどのLinux OSはコマンドラインなどで[WSL]コマンドを入力した際に、停止中の場合でも自動的に開始されるようになっています。

例えばWindows10の[PowerShell]や[Windows Terminal]を起動して次のコマンドを入力します。

wsl

Ubuntu側のプロンプトが表示される際に、しばらく時間がかかる場合は停止中のUbuntuが開始されているためです。

動作中のUbuntuを停止させる手順

WSLの[t]オプションを利用してUbuntuの動作状況を確認することができます。

実際に[Windows Terminal(PowerShell)]を使ってインストールされているUbuntuを停止(シャットダウン)するには手順は次のように行います。

1.[Windows Terminal]を起動して[PowerShell]タブを追加します。

2. 次のコマンドを入力します。

wsl -l -v

3. インストールされているUbuntuの動作状態が[STATE]部分に表示されます。

4. 次のコマンドを入力します。

wsl -t ubuntu-20.04

コマンド末尾の数字はインストールされているUbuntuのバージョンによって読み替えてください。(手順 3.で表示された[NAME]を入力します)

5. Ubuntuの動作状態を確認するために再度次のコマンドを入力します。

wsl -l -v

表示された[STATE]部分が[Stopped]になっていれば、Ubuntuを停止させることができました。

まとめ

Windows10のWSL機能でインストールされているUbuntuなどのLinux OSを停止(シャットダウン)させる場合も[WSL]コマンドを利用することができます。

通常はあまり考える必要がありませんが、デバッグなどのために、意図的にLinuxを停止させておきたい場合など利用することができます。

Windows10のWSLでインストールしたUbuntuを停止したい人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です