single.php

Windows Azure 日本語化

何度やっても、忘れてしまう。Windows Azureをデプロイすると、テンプレは全部英語版なので、リモート接続して、最初に使えるようにするには日本語化。

何度やっても忘れてしまうので、ついに備忘録としてポストします。

  1. [Control Panel|Clock, Language, and Region|Language]を選択します。
  2. 表示されたリストには、Englishしかありません。[Add a language]をクリックして表示された一覧から、日本語を選択します。
  3. リストに日本語が追加されます。
  4. 日本語を選択して、[Move up]をクリックして一番上に移動させます。
  5. [日本語](上のイメージの四角で囲まれた部分)をクリックします。
  6. [Download and install language pack]リンクをクリックして、言語パックをダウンロードします。(この操作をいつも忘れるので注意)
  7. ダウンロードとインストールが開始されます。(結構インストール時間がかかります)
  8. インストールが終わったら、再起動すると日本語で表示されるようになります。
  9. 通貨や日付を変更する場合には、[Region]の[Formats]などを日本語に変更します。

毎度のことですが、日本語を追加しただけでインストールされると勘違いすることが多いので、追加したら、[日本語]をクリックして言語パックのインストールが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です