single.php

バーコードリーダーが使えるスマホアプリ

QRコードが用意されたキャンペーンサイトなどを表示する時に、バーコードリーダーが欲しくなりますが、そのためにアプリのセットアップするのが面倒な時に、インストールされていそうなバーコードリーダーとして使えるアプリを紹介します。

Androidスマホで利用する前提で記事にしていますが、iPhoneやiPadなどのiOSでも、同じアプリで代用することができます。

LINEアプリ(ウォレット)

大抵のスマホユーザであれば、アプリがインストールされている可能性が高いメッセージアプリ。LINEアプリの場合は、友達追加とLINE Payの2つの画面から、QRコードを読み取ることができます。

LINE Payの場合は「ウォレット」画面を表示して、「コードリーダー」をタップします。

表示されたカメラ画面で、QRコードを読み取ることができます。

決済用以外のQRコードを読み取った場合には、ブラウザで表示するための確認メッセージが表示されます。

LINEアプリ(友達追加)

LINE Payを使っていない場合には、「友だち追加」画面の「QRコード」をタップします。

ウォレット同様に、QRコードリーダーが表示されます。

ウォレット同様に、友達申請用のコード以外は、ブラウザで表示するための確認メッセージが表示されます。

Twitterアプリ

ツイッターアプリにもフォロー用のコードリーダー機能が追加されています。

アプリのメニューを表示して右下のQRコードのアイコンをタップします。

コード読み取り用のカメラ画面が表示されます。フォロー用のコード以外の場合には、ブラウザで表示するための確認メッセージが表示されます。

まとめ

LINEやTwitterなどのアプリが既にインストールされている場合には、QRコード用に専用リーダーをインストールしておく必要はありません。

機能的には十分なので、QRコードが使いたい場合には、どちらかのアプリを起動して、読み取りを行うだけです。

目的のコード以外の場合には、表示された確認メッセージで、ブラウザで表示することができます。

Androidスマホでバーコードリーダーを検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です