single.php

ASRock UEFI [Onboard LAN power on]でWake On LANを設定する

ASRock製マザーボードで電源オフ(休止状態も含む)状態から、ネットワーク内の別デバイスから起動する(Wake On LAN)ためにUEFIの「オンボードLANからブート(Onboard LAN power on)」を設定する方法です。

スポンサーリンク

TURN ON LED in S5はボード上のLED制御

マザーボードのUEFIの設定項目で「TURN ON LED in S5」があります。

この項目は休止状態を含む、電源オフの状態にした際に、ボード上のLEDの点灯・消灯を制御するための項目なので、Wake On LANとは関係ありません。詳細については、別記事をご覧ください。

オンボードLANからブート

Wake On LANで利用する項目はUEFI内の「オンボードLANからブート」です。

具体的な手順は

1. UEFIを表示します。(起動時にDELまたはF2キーを連打)

2. 上部メニューの「起動」を選択します。

3. 表示された一覧から「オンボードLANからブート(Onboard LAN power on)」を「有効(Enabled)」に変更します。

4.「出口」メニューの「設定を変更して、再起動」を選択して変更した設定を反映させます。

再起動後、ネットワーク上の別デバイスからLAN経由での起動(Wake On LAN)が有効になります。

まとめ

マザーボードの初期値では「オンボードLANからブート」設定は「無効」になっているのでWOL(Wake On LAN)を利用するためには、UEFI画面から手動で有効にする必要があります。

ASRockマザーボードのWake On LANが気になる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です