single.php

Windows10でZipファイルの展開中に「予期しないエラーのため、ファイルをコピーできません。」(エラー 0x80010135: パスが長すぎます)が表示された場合の対処法

Windows10でZip形式の圧縮ファイルを展開する操作で「予期しないエラーのため、ファイルをコピーできません。このエラーが再発する場合は、エラー コードを使用して、この問題についてのヘルプを検索してください。エラー 0x80010135: パスが長すぎます。」が表示された場合の対処法を備忘録的に投稿しておきます。

スポンサーリンク

エラー 0x80010135: パスが長すぎます

ZIP圧縮形式のファイルを展開する操作をする際に、エラーメッセージ「予期しないエラーのため、ファイルをコピーできません。このエラーが再発する場合は、エラー コードを使用して、この問題についてのヘルプを検索してください。エラー 0x80010135: パスが長すぎます。」が表示されて、一部のファイルが展開されない場合があります。

原因はフォルダー名が長い

エラーメッセージにも記載されていますが、原因はパス(ファイルやフォルダーの場所を表す文字列)が長すぎるという話です。

上の画像のように、長い名前のファイルがある場合には、その分フォルダーに使える文字数が減ってしまうので、エラーになる確率が上がります。

つまり、パスに必要な文字数を減らせば、改善されます。

今回はファイルの展開中に発生しているので、ファイル名を変更することはできないので、フォルダーに関する部分を減らすことになります。

Zipファイルを保存している場所を(なるべくドライブのルートに近い場所に)変更することで改善されます。

例えば、Cドライブの直下に保存して展開すれば、確実です。

まとめ

Windows10でZip形式の圧縮ファイルを展開する操作で「予期しないエラーのため、ファイルをコピーできません。このエラーが再発する場合は、エラー コードを使用して、この問題についてのヘルプを検索してください。エラー 0x80010135: パスが長すぎます。」が表示された場合があります。

原因は、フォルダーの場所を示す文字列(パス)が長すぎることが原因なので、なるべくドライブのルートに近いフォルダーで作業することで解決します。

「予期しないエラーのため、ファイルをコピーできません。このエラーが再発する場合は、エラー コードを使用して、この問題についてのヘルプを検索してください。エラー 0x80010135: パスが長すぎます。」が表示されて困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です