single.php

1/144 HG改造 MS-06F ガルマ・ザビ専用ザク製作日誌(15日目)組立て

ガルマ・ザビ専用ザクを 1/144 HGキットを改造して作っていきます。今回は3D造形したパーツを含めて、ガルマ・ザビ専用ザクの組立てを行っていきます。

スポンサーリンク

動力パイプのアップグレード

HGザクの一体成型されている動力パイプを3Dプリンターで1つずつ造形したパーツをスプリングに通して、RG的な動力パイプの再現を行いました。

複雑な形状の設計も要らず、同じパーツを大量に造形できるので、3Dプリンターを使ったアップグレードとして手軽にできる場所です。

こんな感じでキットのパーツの両端を流用することで、取り付けも簡単にすることができます。

腰部の他にも、脚部にも同じサイズのパーツを使うことができるので、かなり情報量を増すことができます。

全体を組み立ててみると、キットの一体成型パーツより、動力パイプの精密度合いが上げることができています。

カラーリングと専用の大型ヒートホークを持たせることで、木こり感が出てしまいますが、追加で造形したヒートホークを腰に固定(収納)するパーツを使って予備のヒートホークを腰に追加して二刀流にすることで、払拭しています。

背面から見ると、腰に携えた大型ヒートホークをチラ見えさせることで、武士のような佇まいでポーズをとることができます。

まとめ

今回は、3D造形したパーツも含めてすべてのパーツを組立てを行いました。今回はレリーフ装飾が無いので、キラキラしたイメージではありませんが、3Dプリンターを使って、バルカン砲が追加された頭部や、大型ヒートホークを造形して、HGザクを改造してガルマ・ザビ専用ザクを再現することができました。

製作したキットは、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

今回で、ガルマ・ザビ専用ザクの製作日誌は終了です。次回作にご期待ください。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です