single.php

アップローダーサイトのプレミアムアカウントになってみた(Rapidgator 編)

海外アップローダーのプレミアム体験の第三弾です。今回は「Rapidgator」のプレミアム会員に課金してみました。古参のアップローダーサイトなので対応しているサイトも沢山あります。

決済方法をGoogle Playにしたい場合やスマートフォンで操作する場合には、別記事「Rapidgatorのプレミアムアカウントになってみた(Androidアプリ 編)」をご覧ください。

古参というメリット

かなり以前から稼動している「Rapidgator」(ラピゲとも呼ばれている)のサービス。停止や閉鎖が多いアップローダーサイトですが、現在でも安定して稼働しています。そのため、リンク先として採用しているサイト数も多いです。ラピゲのプレミアム会員になる1番のメリットは、対応サイトの多さと汎用性です。

せっかく、プレミアム会員になっても対応しているサイトが少ないと、ダウンロードする機会も少なくなってしまいますから。

Rapidgator.net
Rapidgator.net
 

プレミアムアカウントへの道

他のアップローダーサイトでも同じですが、まずは無料アカウント登録が必要です。メールアドレスはYahoo!やGmailなどフリーのメールサービスを使うことができます。

1. 無料アカウントでログインしたら、プランを選択します。「ステップ1:プラン選択」画面が表示されない場合には、「プレミアム」メニューをクリックします。

2. 期間(30日、60日、90日、180日、365日)と、帯域幅、ストレージの種類で合計9プランが用意されています。

帯域幅というのは、ダウンロード可能な最大サイズのようなので、例えば30日プランの場合には期間内に1TBがダウンロードできる容量になります。

ストレージには固定サイズとunlimitedの2種類が選べますが、ダウンロードをメインにする場合には、どちらでも変わりません。unlimitedのストレージを選択すると、無制限の代わりに最後のダウンロードから60日でファイルが消滅する仕様になっています。

3. 支払い方法を選択します。クレジットカードの他に、仮想通貨(暗号通貨)やGoogleやAppleなどの決済も利用することができます。

3. 支払いには、 vプリカを使うので「利用規約」と「プライバシーポリシー」に同意するチェックを付けて「Visa」をクリックします。

4. 表示された「Buy Premium Account」画面で、クレジットカードの内容を入力します。

重要なのは次の4項目で、クレジットカードに記載されている項目をそれぞれ入力します。それ以外の項目は、ある程度適当でも大丈夫です。

Credit card number クレジットカード番号
Cardholder  name クレジットカード名義
Expiry date有効期限
CVC/CVV2セキュリティコード

「Cardholder name(クレジットカード名義)」は、vプリカの場合「ニックネーム」を入力します。エラーになる場合には、入力したニックネームの文字のどこかに半角スペースを入れれば回避できます。(スペースを入れる部分は任意です)

5. 「Success payment」画面が表示されたら完了です。

Rapidgator.net
Rapidgator.net
 

支払いはVプリカも可能

今回はプリペイド式のクレジットカードvプリカを使いましたが、もちろん通常のクレカでも支払いに使うことは可能です。(過去の記事でも紹介していますが、カード情報の漏洩や不正利用を防止するためにも、ある程度の匿名性が使える「Vプリカ」などのプリペイド式のクレジットカードの利用をオススメします)

vプリカの作り方については、別記事をご覧ください。

利用先は「PREMIUM2SALE.COM」

Vプリカの利用明細には、利用先として「PREMIUM2SALE.COM」と記載されることになります。これは通常のクレジットカードで購入した場合でも明細として記載されることになります。

利用金額については、14.99USDの購入に対して、JPYで1,659円の支払いでした。(記事を書いている時点のレートです)

利用金額は、購入した時点の為替レートで変わります。Vプリカの場合にはVISAカードのレートが適用されるので「VISA Exchange Rates」を使って為替レートを確認することができます。

VISA Exchange Rates」の使い方は、別の記事で紹介しているのでご覧ください。

Rapidgator.net
Rapidgator.net
 

速度は期待出来ない

プレミアムアカウントになりました。気になる速度は、こんな感じでした。


他の海外アップローダーサイトと比べても遅い部類です。容量制限は無くなるので、大きなサイズのファイルもダウンロードできるようになりますが、ダウンロード途中で切断されることも多いので、レジューム付きのダウンローダーを使うことをお勧めします。

色々使った中では、FireFoxアドインの「DownThemAll」を使ったダウンロードでした。自動レジューム復帰とか機能も盛り沢山なので、たとえ切断しても安心してダウンロードした状態で放置できます。

最新のFireFoxでは、このアドインは利用できないので、Firefoxをダウングレードする必要があります。

他に良いアドインを見つけたら追記していきます。

Rapidgator.net
Rapidgator.net
 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

「アップローダーサイトのプレミアムアカウントになってみた(Rapidgator 編)」への12件のフィードバック

  1. VプリカでRapidgatorのプレミアムアカウントを取ろうとすると「支払いを拒否されました」とかというメッセージが出ました。
    Vプリカを作ったばかりでしたので残金は十分にあるはずなのですが。
    他のアップローダーサイトでは普通にプレミアムアカウントを取れたのでもしかしたらVISAがRapidgatorからの支払いを拒否しているということなのでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。原因までは分かりませんが、「支払いを拒否される」理由としては、Vプリカ側で何らかのロックが働いていることが多いです。私の過去の経験だと
      1. (Vプリカの)セキュリティロック機能を有効にしているのを忘れて課金をした

      2. 対象のカード番号に不正請求がありVプリカ側で自動的にロックされた

      がありました。2の場合は、残金を繰り越して新しいカード番号を再発行してエラーを回避できたことがあります。

      1. アドバイスありがとうございます。
        アドバイスの方法をやってみた結果をお知らせします。

        1.セキュリティロック機能がある事自体知らなかったのでこれは違うと思います。

        2.残金を繰り越して新しいカード番号を再発行してみましたが、プレミアムアカウントを作ろうとすると、やはり「Payment been declined or canceled.(支払いが拒否またはキャンセルされました。)」というメッセージが表示されました。

        また、新しいカード番号を再発行した後で「Takefile」のプレミアムアカウントを作ってみたのですが、こちらは問題なく作れました。
        もし、Vプリカが使えない場合は他でしたら何を使用すればよいのでしょうか?

        1. ご連絡ありがとうございます。そうなると一時的にVプリカの支払いが拒否されている状況かもしれませんね。他の方法としては、「○○ギフトカード」のようなクレジット番号が記載されたプリペイド式の贈答用カードを購入して使うという手もあります。

  2. ⅤプリカでRapidgatorのプレミアムになった場合、支払いの自動更新の解除は必要なんでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。
      最初に課金した時の既定値が自動更新になっているので、支払いの種類に関係なく解除が必要になります。

  3. DownThemAll!という物を調べてみましたがページが見つかりません。よければURL を貼っていただけませんか?

    1. コメントありがとうございます。「DownThemAll!(https://www.downthemall.net/)」です。しかし、Firefoxの最新版では、このアドオンは使えないようなので、以前のバージョンに戻す必要が出てきます。今後ともよろしくお願いいたします。

  4. Rapidgatorのファイルサーバーに日本から直接アクセスすると、サーバーへの接続ルートの問題で速度が低速になる場合が多いようです。海外のVPNなどを経由すると、速度が安定すると思われます。(私の環境の場合、VPN経由で3~5MB/秒ほどの速度が出ています)

    1. コメントありがとうございます。今度VPNで試してみます。貴重な情報ありがとうございました。

  5. 最近、Rapidgatorでダウンロード中に強制切断される様になったのですが、ダウンロードのスピード制限や、強制切断が行われるのでしょうか❓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です