single.php

Rapidgatorの自動更新を止める方法(既定値は自動更新なんですよ)

はい、今回はアップローダーサイト「Rapidgator」で自動課金をキャンセルする方法を書いていきたいと思います。プレミアムに登録時に何も変更しないと自動課金なので、何時だったかなと思っている間に課金されていきます(笑)そうならないために自動課金をキャンセルしておいた方が良いです。切れてもまた課金すれば良いだけの話ですからね。

プレミアムの既定値は自動更新

忘れると自動で課金されるので大変です。プレミアムになった直後にサブスクリプションのキャンセルはした方がベストです。

Rapidgator.net

設定は簡単

設定はログインした画面の「マイアカウント」内にあります。次の手順で操作します。

  1. [マイアカウント|プロフィール]メニューを選択します。
  2. 表示された[プロフィール]画面の[アカウント設定を変更]リンクを選択します。
  3. 表示された画面の[その他]を選択します。
  4. 表示された[その他]画面の[現在のサブスクリプションをキャンセル]チェックを有効(チェックを付ける)にします。
  5. [パスワードを入力してください]と[画像からコードを入力してください]にそれぞれ必要事項を入力して、[保存]ボタンをクリックします。
  6. [サブスクリプションがキャンセルされました]が表示されれば成功です。

来月から自動課金がされなくなります。来月は違うアップローダーサービスを体験しようと思いましたが、勿体ないのでRapidgatorをもう使ってみようと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

「Rapidgatorの自動更新を止める方法(既定値は自動更新なんですよ)」への2件のフィードバック

  1. Rapidgatorで痛い目(自分が悪いのですが)にあったので他の方にご報告します。
    iTunesからpremiumに登録したのですが反映が遅く、二度更新をかけてしまいました。iTunesでは1件しか確認出来なかったのでろくに気にもせずにいました。私はRapidgatorは毎月キャンセルしているのですが今月だけiTunesからキャンセルかけても自動で更新日が翌月になっています。
    iTunesではすでにキャンセル出来ているのでての打ちようがありません。
    終了日の翌日にキャンセルが出来ていない事を確認すると上記支払画面を見て驚きました。先月二度更新した記録が残っています。
    私は拙い英語でRapidgatorのヘルプに連絡し、キャンセルしても自動更新が残っている事を説明して、画面のハードコピーを送り、
    やっとキャンセルしてもらいました。
    更新は翌日の16:00らしくなかなか更新されず心配しましたが
    3日分の無料アカウントを貰いました。
    英語が出来ない方には難しいと思いますが今は翻訳ソフトがありますからどうにか出来ると思います。Rapidgatorは少し高いですがまともな会社だと安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です