single.php

旧キット 1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム 製作日誌(13日目)おまけマゼラ・アタック仮組み

旧キットの再販で購入できた、「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」キット。今回はサーフェイサーが乾燥する待ち時間で組み立てた付属のマゼラ・アタックを紹介していきます。

スポンサーリンク

旧キット 1/550 アッザム

リリースされた当時は、おそらく売れ残っていた類のキットなんですが、ガンプラ(転売)ブームの渦中では、再販品が出回っても一瞬で棚から消える状態。運よく手に入れることができたので今回は3Dプリンターでパーツを造形しながら改造していきます。

盛り沢山のオマケパーツ

アッザムには、オマケが沢山付属しています。メガ粒子砲の他に、劇中に登場する「アッザムリーダー」や「電磁粒子弾」の他に、同スケールのガンダムとマゼラ・アタックがランナーに付いてきます。

マゼラアタックは、8個のパーツを組立てます。三連マシンガンも別パーツになっているところがニクイ。

左右のキャタピラーの車輪や履帯も再現されています。

組立には接着剤が必要なので、後で取れるように瞬間接着剤を点付けして仮組み。1/550スケールながら、ちゃんとマゼラ・アタックになっています(笑)

マゼラトップの後ろの推進装置もモールドが入っていて、ノズル部分までは再現できていませんが、当時としては、凄い金型技術です。

よく見ると、三連マシンガンの砲身にもモールドが入っていて、銃身に穴を開けてディティールアップしたい衝動に駆られます。小さいけれどかなり良い出来。

まとめ

今回は 「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」に付属してくるオマケのマゼラ・アタックを仮組みしてプロポーションの確認をしました。

旧キットのオマケながら、キャタピラーの転輪や履帯、マシンガンの砲身にもモールドで再現されていて、かなりの良い出来です。

主砲やマシンガンの砲身に穴を開けてディティールアップしたくなりました。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回はサフ塗り後の塗装をしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です