single.php

旧キット 1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム 製作日誌(24日目)メガ粒子砲の組立て

旧キットの再販で購入できた、「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」キット。今回はようやく塗装が終わったアッザム本体のメガ粒子砲を組み立てていきます。

スポンサーリンク

旧キット 1/550 アッザム

リリースされた当時は、おそらく売れ残っていた類のキットなんですが、ガンプラ(転売)ブームの渦中では、再販品が出回っても一瞬で棚から消える状態。運よく手に入れることができたので今回は3Dプリンターでパーツを造形しながら改造していきます。

脚部の再塗装

先回、エアブラシで塗装をした本体部分のメガ粒子砲を仕上げていきます。

組立て見えなくなる部分を黒色(ジャーマングレー)で筆塗りします。影になる部分を暗くすると、組み立てた時に精密感が出ます。

砲塔に砲門を組み立てます。まるでキットのようですが、砲門は3Dプリンターで細めに修正した造形物に変更しています。

よーく見ないと分かりませんが、砲身の先端を開口してあります。これが3Dプリンターを使うメリット。プラ材でドリルで開口するよりも簡単にパーツを精密に仕上げることができます。

本体下部にあるメガ粒子砲は、砲塔を固定するキット内のピン形状のパーツを両面テープでプラ棒に仮止めして

上側の砲塔を固定する部分に後ハメように開けておいた穴から慎重に差し込みます。

裏側の穴に到達したら、接着剤をピンに少量付けて

メガ粒子砲の砲塔パーツを上から慎重に重ねて、固定します。4回繰り返したら、後ハメ終了。

まとめ

今回は 「1/550 ジオン軍重機動砲座 アッザム」の、3Dプリンターでディテールアップしたメガ粒子砲の砲門を組立てて、本体に後ハメを行いました。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は本体部分の組立てを進めていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。