single.php

Xcodeでプロビジョニング選択時に、No signing certificate “iOS Distribution” found

しばらくiOSアプリから遠ざかっていて、久しぶりにIn-House用のアプリをビルドしたら悲惨な目に

アプリを制作してDebugビルドして、エミュレータ、実機で動作確認を行って、Apple Developer ProgramのDistribution用の証明書を手に入れて、Release用のProvisioning Profileに設定すると[Status]に

No signing certificate “iOS Distribution” found
No “iOS Distribution” signing certificate matching
term ID “XXXXXXXX” with a private key was found.

だそうで、秘密鍵が見つからんと言われています。そんなバカなと思いつつ、証明書チェーンを調べたり、Provisioning Profileや証明書を再発行してみたり、結局解決には至りませんでした。

調べてみると、Xcodeをアップデートしているくと同じ症状に遭遇している人を見つけて、解決方法らしき手段を試してみましたが、statusは変わらず。

App IDの名前を変更したり、ワイルドカードを使ったりしてみましたが、解決せず唯一、解決できたのは、iOS Distribution用の証明書を作り替える(つまり、開発環境の証明書再発行)ことでRelease用のSigningを通すことができました。

今回は、In-Houseで使える、iOS Distribution用の証明書は2つしか作れない(3つめを作ろうとすると、In-Houseオプションが無効になってしまうため)ので、次回は手段が無くなります。Revokeすると、今までの資産が…

何でもかんでも、証明書にするのは構いませんが自分で発行した秘密鍵が見つからないってのは何とかして欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です