single.php

ZATOOTOハンドルカバー D型の取り付け

新車を購入したので、ずーっとAmazonでチェックしていた「ZATOOTO ハンドルカバー D型」を付けてみました。その付け心地をレビューします。

スポンサーリンク

セレナ C27 e-Powerを買わない理由

今回、僕が買ったのは「セレナ C27」最後まで、e-Powerとガソリン車で迷ってましたが、結局ガソリン車を購入した。

理由は本題とそれるけれど、エコに支払うお金。e-Powerに投資する金額が約50万円で燃費差は、約9km(JCB08でガソリン:17.2km、e-Power:26.2km)

1年で10000km乗ったとして

必要なガソリン量
(リットル)
ガソリン代
(単価130円で試算)
ガソリン車58175,581円
e-Power車38149,618円
20025,963円

この資産だと、50万円を回収するのに19年必要になります。机上の計算なので、実際にはもっと燃費は悪くなるので、おそらく、10年近くで回収できそうですが、それでも長い。

次に問題になるのがバッテリー。スマホでも何でもですが充電池は必ずヘタります。おそらく、セレナの航続距離にも影響は出るはずなので、投資効果としては薄いと判断しました。

50万円あれば、プロパイロットやカーナビなど結構なオプションを付けることが出来ます。そっちに投資した方が良いかな?

D型ステアリングカバー

本題に戻します。今回購入したのはAmazonで見つけた「ZATOOTOハンドルカバー d型 ステアリングカバー 3Dグリップ 通気 滑り止め 色スプライス LY66-BW

セレナのステアリングは、真円ではなく下部分が直線的なアルファベットのDの形をしているのでハンドルカバーも対応した商品が売られています。カラバリは全部で5色(ブラック、ブラック+ブラウン、ブラック+ホワイト、ブラック+ワインレッド、ベージュ+ブラウン)あるので、今回はブラック+ホワイトにしました。

滑り止めとピッタリフィット

こんな感じで送られてきます。

柔らかい素材で、Amazonの商品欄によると、表:マイクロファイバー革  裏:エコゴム となっています。ゴムの臭いや、接着剤による異臭もしませんでした。

値段の割には、縫製もしっかりしています。

ステアリングに触れる部分には、格子状の滑り止めが全体に加工されていて、運転操作時にカバーがズレてしまうことを防止してくれます。

下側から取り付けると楽

セレナに取り付けると、こんな感じになります。

サイズ的に、ピッタリフィットするので、取り付け時に少し力が必要でした。ステアリング下部の直線部分を先にカバーして、上方向にカバーの裏面を広げながら取り付けていくと、位置が決まります。

耐久性は、まだ分かりませんが、数カ月使用してから追記していきます。

まとめ

白い部分の汚れが目立つのは仕方がないです。 そんなに高価な商品ではないので汚れた交換すれば良い。

下側が直線になっている形状のステアリングに真円のカバーを取り付けると、ダブつく感じになるので、D型のステアリングカバーはおススメです。

ZATOOTOハンドルカバー d型 ステアリングカバー 3Dグリップ 通気 滑り止め 色スプライス LY66-BW」の場合は、滑り止め加工もあるので、カバーがズレてしまうことも無いので、運転に支障がでることもありません。

同じ形でも、ステアリングの径によっては取り付けられない場合もあるので、サイズには注意してください。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です