single.php

Debugger for Chromeで「このサイトにアクセスできません」が表示される場合の対処法

「Visual Studio Code」の機能拡張「Debugger for Chrome」でHTMLやJavaScriptをデバッグする際に表示されたChromeで「このサイトにアクセスできません」が表示される場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

既定はURLでローカルホスト

「このサイトにアクセスできません」メッセージが表示される原因は、デバッグ用の設定ファイル「launch.json」のデバッグ対象の既定値がローカルホストになっているためです。

解決策は”file”:”${file}”

編集中のファイルが保存されているフォルダー(ワークスペース)にある「.vscode」フォルダー内に「launch.json」ファイルがあるはずです。

このファイルを編集します。既定値のままだと、こんな感じで記載されています。

{
    // IntelliSense を使用して利用可能な属性を学べます。
    // 既存の属性の説明をホバーして表示します。
    // 詳細情報は次を確認してください: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "type": "chrome",
            "request": "launch",
            "name": "Launch Chrome against localhost",
            "url": "http://localhost:8080",
            "webRoot": "${workspaceFolder}"
        }
    ]
}

既定で追加される設定は、URLでローカルホストサーバーを指定しているんですよね。単純にHTMLなどを編集してChromeで表示しようとしているので、 「このサイトにアクセスできません」メッセージが表示されることになります。

次のようにファイルを編集します。

{
    // IntelliSense を使用して利用可能な属性を学べます。
    // 既存の属性の説明をホバーして表示します。
    // 詳細情報は次を確認してください: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "type": "chrome",
            "request": "launch",
            "name": "Launch Chrome",
            "file": "${file}"
        }
    ]
}

まとめ

テスト用にHTML内に埋め込んだJavaScriptをChromeを使って実行されるような場合に「Debugger for Chrome」の利用は非常に便利です。

既定値では、URLでのデバッグ設定になっているので、設定ファイルを編集して、対象ファイルがデバッグできるように変更することでChromeで実行することが出来るようになります。

スクリプトを書き上げて「F5」キーで実行した時に「このサイトにアクセスできません」と表示されて困っている人の参考になれば幸いです。

その他に、インストールする場所を変更する「ユーザーセットアップディストリビューションへの切り替え」が実施されています。メッセージが表示された場合には、新しいインストール場所に再インストールをお勧めします。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です