single.php

Microsoft OfficeでWordやExcelを個別にインストールする方法

最近のMicrosoft Officeのインストールをするときに全部インストールされてしまいますよね。セットアップは簡単になりましたが、カスタムインストールが出来ないので不要なアプリが選べません。「Office Deployment Tool」を利用してWordやExcel、PowerPointを個別にセットアップする手順を紹介します。

スポンサーリンク

Office Deployment Tool

Office 2013/2016/2019などのインストーラーを起動すると、すべてのアプリをセットアップして完了させてしまいます。インストールの時間が短縮されるのは良い事なんですが、使う必要がないアプリを選ぶことが出来ません。

以前のOfficeのセットアップでは途中の画面で「カスタム インストール」を選ぶと、必要なアプリを選択できたのですが、最近のインストーラーでは、WordやExcelなど個別でインストールを選択することが出来ません。

そんなOfficeのインストールをカスタマイズするための専用ツール「Office Deployment Tool」がMicrosoftから提供されています。

主に、Office365向けのツールですが、パッケージ版のOffice2016以前のバージョンでも利用することができます。

Office 2013の場合は、別ツール「Office 2013 Deployment Tool for Click-to-Run」が用意されています。

Office Deployment Toolの使い方

「Office Deployment Tool」を使ってOffice内のWordやExcel、PowerPointなど個別にインストールをカスタマイズするには、次のように操作を行います。

1. ダウンロードしたファイルを起動します。

2. ライセンスを許諾するチェック「Click here to accept…」にチェックを入れて、「Continue」ボタンをクリックします。

3. 「フォルダーの参照」画面で、ファイルをコピーする場所を選択して「OK」ボタンをクリックします。

4. メモ帳を起動して、次の内容をコピーします。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Access" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="Terms" />
      <ExcludeApp ID="Visio" />
      <ExcludeApp ID="SharePointDesigner" />
      <ExcludeApp ID="InfoPath" />
      <ExcludeApp ID="Project" />
      <ExcludeApp ID="Excel" />
      <ExcludeApp ID="OutLook" />
      <ExcludeApp ID="PowerPoint" />
      <ExcludeApp ID="Word" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

5. インストールするアプリケーションの行を消すか、コメントアウトします。例えば、Word、Excel、PowerPointのみをセットアップするには、次のように編集します。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="32">
    <Product ID="ProPlusRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Access" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="Terms" />
      <ExcludeApp ID="Visio" />
      <ExcludeApp ID="SharePointDesigner" />
      <ExcludeApp ID="InfoPath" />
      <ExcludeApp ID="Project" />
      <ExcludeApp ID="OutLook" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

6. 編集した内容を名前を付けて保存します。

その他の編集するための

OfficeClientEdition利用するOfficeのアーキテクチャ
32ビット版:32
64ビット版:64
SourcePathインストーラーが保存されている場所。記載しない場合はダウンロードされる。
Product IDOfficeのエディション
Professional版:ProfessionalRetail
ProfessionalPlus版:ProPlusRetail
Home&Business版:HomeBusinessRetail
Language言語
ExcludeApp除外するアプリ名
Lync:Skypeのこと

7. PowerShellをを起動して、次のように入力します。

setup /configuration 手順6で保存したxmlファイル

8. インストーラーがダウンロードされ、セットアップが開始されます。

9. インストール完了画面で「閉じる」をクリックしてインストーラーを閉じます。

以上の操作で「Office2016」でアプリを選択してインストールすることができます。

まとめ

最近のOfficeのインストーラーは「Click-to-Run」形式のインストーラーになっているので、セットアップの途中でインストールのカスタマイズをすることが出来ません。

管理者向けの配布ツールが提供されているので、ツールを使ってインストールをカスタマイズする方法に代わってきています。

今回は汎用的なアプリケーションを個別にインストール構成で紹介しましたが、その外にも細かな設定をXMLで記載することが可能になっています。詳細は「Office 展開ツールのオプションの構成」をご覧ください。

Officeのインストールで不要なアプリをインストールしたくない人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です