single.php

会計freeeにLancersの取引を入力する方法(源泉徴収なしの場合)

今年から確定申告に会計ソフト「freee」を導入してみました。フリーランスで活動する中で、ランサーズで得た収入の入力方法を備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

収入と決済の2段階で入力する

先回のGoogle AdSenseでの入力同様に、報酬が発生した時点と、口座に振り込まれた時点の2段階で入力する必要があります。

私の場合は、こんな感じで入力を行いました。

タスク作業で5円(システム手数料1円を含む)の報酬を得た場合

収入

勘定科目税区分金額品目・部門・メモタグ備考
売上高不課税5タスクのタイトルなど
支払手数料不課税▲1タスクのタイトルなど

決済

登録方法日付口座(勘定科目)決済金額
取引(決済の登録)通帳の日付現金4

のような感じに入力します。システム手数料の入力には[控除・マイナス行を追加]を使いました。

Google AdSenseでの入力方法については、別記事をご覧ください。

不課税を選択する方法

freeeで収入を登録する際に税区分を選択する画面がありません。税区分を変更するには、登録する画面で[詳細登録]ボタンをクリックします。

表示された画面で[税区分]を[不課税]に変更します。

タスク毎に入力が必要か?

Lancersで受けることができる仕事は、「プロジェクト」と「タスク」の2種類があります。特に単価の安い「タスク」を1件毎に入力するか迷いますが、私の場合は1件の「タスク」毎に、収入の登録を行いました。

まとめて収入の扱いにしても良さそうですが、後から分別することが難しくなりそうなので1件ずつ登録を行いました。備考欄に、実際に作業した仕事の「タイトル」部分を入力しておくと後から追うことができるようになります。(多少の面倒臭さがあります)

まとめ

クラウドソーシングのLancersで働いた報酬をfreeeに入力するには、Google AdSense同様に報酬が発生したタイミングと、口座に振り込まれたタイミングの2段階で登録を行います。

単価の安い「タスク」作業も分けて登録しておくと、後から計算が合わなかった時に追いにくくなるので、多少面倒でも発生した報酬の1件毎に登録しておくと、後から悩むことが無くなると思います。

Lancersの場合「システム利用料」という部分が発生するので、実際の報酬と2行に分けて登録を行いました。

Lancersの報酬をクラウド会計システムfreeeに入力するのに困っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です