single.php

会計freeeにLancersの振込手数料を入力する方法

今年から確定申告に会計ソフト「freee」を導入してみました。Lancersの場合、報酬を登録した銀行口座に振り込む際に手数料が引かれます。今回は、振込手数料の入力方法を備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

振込手数料は支出で雑費

Lancersの場合、報酬を銀行口座に振り込む際に手数料が発生します。楽天銀行の場合は100円(税抜)で、他の銀行の場合は500円(税抜)です。

調べてみると、勘定科目としては雑費の支出とするようで、freeeで用意されている「支払手数料」は使わずに、雑費として支出登録を行います。

楽天銀行への振込手数料100円(税抜)が発生した場合

支出

勘定科目税区分金額品目・部門・メモタグ備考
雑費不課税1102019年度12月 振込手数料

決済

登録方法日付口座(勘定科目)決済金額
取引(決済の登録)通帳の日付現金110

のような感じに入力します。

不課税を選択する方法

freeeで支出を登録する際に税区分を選択する画面がありません。税区分を変更するには、登録する画面で[詳細登録]ボタンをクリックします。

表示された画面で[税区分]を[不課税]に変更します。

振込手数料は何処への支出か?

結局、振込手数料の支払先は、今回の例では「Lancers」になります。

例えば、1,000円の報酬を「楽天銀行」への振込を依頼した場合、口座には振込手数料110円が手数料として差し引かれて、890円が入金されます。

手数料として110円を支払った覚えや記録はないのですが、口座に振り込まれた時点で110円をLancersに支払ったという考えになるようです。

まとめ

クラウドソーシングのLancersで報酬を得る場合に「システム利用料」や「振込手数料」など、自動的に支払いが発生する場合があります。

システム利用料の場合は仕事単位で発生するので、収入を登録する際に入力が必要になりますが、通常は、複数の報酬をまとめて口座に振り込むので振込依頼の際に、「振込手数料」を登録する必要があります。

その際には、勘定科目を「雑費」として登録する形になります。

Lancersの報酬をクラウド会計システムfreeeに入力するのに困っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です