single.php

Lancersの認定ランサーになるために入力が必要なプロフィール

クラウドソーシングで利用している「Lancers」の認定ランサーに必要なプロフィールについて分かりにくかったので備忘録的に投稿します。

スポンサーリンク

認定ランサー

Lancersの場合、仕事実績や公開している自分のプロフィールに合わせてランキングがあります。

アカウント登録した直後の「レギュラー」から始まって、最終的には「認定ランサー」までのランキングがあります。

一応私も、2020年02月の時点では「認定ランサー」になっています。

24時間のメッセージ返信率や、プロジェクト、タスクの完了率など、普段から仕事に関して実績を上げていく必要がありますが、自分をアピールするプロフィールも必要な項目が入力されている必要があります。

必要なプロフィールは9個

認定ランサーになるために必要なプロフィールは全部で9個あり、それぞれ次のようになっています。

プロフィール写真
表示名
300文字以上の自己紹介
本人確認
機密保持確認
電話確認
ランサーズチェック
スキル
資格(旧経歴・資格)

詳しい内容は、ランサーズのFAQに記載があるので参照してください。ずっと表示が7/9で、残りの2つが何か分からなかったのですが、サポートに問い合わせたところ、上記の9個だと教えていただきました。

仕事で実績を上げる前に埋められる項目が多いですし、仕事を受ける(自分の提案が残る)際に、プロフィールは重要なので活用しない手はありません。

一応、私のプロフィール入力数も[ 9/9 ]になっています。

まとめ

クラウドソーシングのLancersで認定ランサーになるために必要なプロフィール項目は・プロフィール写真表示名300文字以上の自己紹介本人確認機密保持確認電話確認ランサーズチェックスキル資格(旧経歴・資格) の9個です。

仕事を受ける際に、重要になる場合も多いのでなるべく早い段階で、入力しておくことをおススメします。

Lancersのプロフィール入力数に困っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です