single.php

Lancersの認定ランサーになるためには

クラウドソーシングで利用している「Lancers」には、ランクが用意されていて、最終的には「認定ランサー」というランクに進みます。

スポンサーリンク

認定ランサー

Lancersの場合、仕事実績や公開している自分のプロフィールに合わせてランキングがあります。

アカウント登録した直後の「レギュラー」から始まって、最終的には「認定ランサー」までのランキングがあります。

一応私も、2020年02月の時点では「認定ランサー」になっています。

24時間のメッセージ返信率や、プロジェクト、タスクの完了率など、普段から仕事に関して実績を上げていく必要がありますが、自分をアピールするプロフィールも必要な項目が入力されている必要があります。

意外に早い認定ランサーへの道

私の場合の認定ランサーになった経歴です。

2020年 1月 1日認定ランサー
2019年 11月 26日シルバー
2019年 11月 12日ブロンズ

フリーランスになって、ランサーズで仕事を始めたのが11月からなので、約2カ月で認定ランサーになることができました。

認定ランサーになるコツ

実は認定ランサーには「認定されているカテゴリー」があります。私の場合は「記事作成・ブログ記事・体験談」「リライト・校正・編集」「その他(ライティング)」になっています。

広い分野のカテゴリーで受注するより、 1つのカテゴリーで集中してタスクや、プロジェクトを受注して、実績を上げることで、認定ランサーにランクアップできました。

実績以外に、プロフィールの登録作業も必要になります。必要なプロフィールの項目については別記事をご覧ください。

https://blog.janjan.net/2020/02/26/certification-lancers-need-profile/

まとめ

クラウドソーシングのLancersで認定ランサーには「認定されているカテゴリー」が存在するため、同じカテゴリーのタスクやプロジェクトの仕事を受け続けて、実績を作っていくことが「認定ランサー」になるための近道です。

スキルや資格など、自分に関するプロフィール情報を埋めることができたら得意のカテゴリーを決めて、仕事を受注し続けて、実績を上げていくことで短時間でも認定ランサーに昇格することが可能です。

Lancersの認定ランサーについて興味がある方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です