single.php

[依頼書 弐]知ラヌ間ニ語ル ~精神感応 vs 二重人格~(明治探偵GAME 超能力 vs 超能力)

明治村で開催されている謎解きイベント「明治探偵GAME 2020」のネタです。先回の「依頼書壱」に引き続き、超能力を持つ主人公「不知火 奇十郎」が明治村を舞台に謎解きを行うアトラクションのネタバレしない程度な感想です。

スポンサーリンク

明治探偵GAME 超能力 vs 超能力

愛知県犬山市にある博物館「明治村」を舞台に開催される、謎解きイベントを手掛けている「タカラッシュ」さんの企画で行われています。

受付でキットを購入して、村内に隠されたヒントを探して謎を解き明かす体験型のアトラクションです。

難易度に合わせて6つの依頼書が分けられていて、レベルの応じて、小学生から謎解きマニアまで誰でも楽しめる内容になっています。二〇二〇年五月九日(2020年5月9日)から高難度の依頼書が新しく追加される予定です。

私は毎年最後の依頼まで捜査完了するのが一年の予定になっています。

今年も、「依頼書 壱」以降には、次の依頼書を購入する際に五拾円(50円)引きの特典が得られるようになっていました。

すべての依頼書をクリアしたい人向けのセット割もあって、超初級レベルの「依頼書W」を含む4つの依頼書セットで購入すると2,100円(単品買いよりも200円お得になる計算)で入手することができます。

明治村の年間パスポートである「村民手帳」を見せると、さらに100円引きの2,000円で購入することができました。

スポンサーリンク

早速捜査開始

捜索キット内の「事件調書の捜査」から、ヒントを入手する村内の建物を特定します。

★★☆☆☆レベルなので、難易度は低めです。村内の建築物の並び順や名前が頭に入っていれば、すぐにヒントの場所が分かります。

明治村が初めての方でも、村内で配られている「村内地図」の建物名と位置関係を見比べれば、だいたい見当が付きます。

依頼書弐、「精神感応」がテーマということで手がかりの建物に設置されているキーワードを手に入れて、入手したヒントに「精神感応シート」を操作することになります。

タカラッシュさんの謎解きに参加している人であれば、容易いですが、切れ込みと線の通りに「シート」を折り曲げても分からない場合には、発想を変えて曲げてみると、ヒントが出現するかもしれません。

例えば、対角線とか…

また、二重人格の真実を解くにはストーリーを理解する必要があるので、ストリーブックに記載されている文章を読むことが重要になります。

最後のヒントで現れた場所に行くと回答の文字を入手することができます。ストーリーブックに、それを書き写して、正門か北門にある答え合わせのブースで提出して、捜査完了です。

まとめ

難易度★★☆☆☆なので、あまり詰まることはありません。「精神感応シート」を柔軟に折る必要があるので、問題文はお父さんやお母さん、シートは子供が担当するような親子で謎解きが楽しめる内容になっていると思います。

手がかりの「事件調書」の内容は村内の建物名や位置関係が重要になるので、村内で配布されている「村内地図」が必須になります。

捜査完了すると、受付で明治探偵社の証明印が貰えます。今回は、次の依頼書が50円引きになるチケットが付いています。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です