single.php

[依頼書 壱]無意識ニ記ス ~念写 vs 自動書記~(明治探偵GAME 超能力 vs 超能力)

今年もこの時期がやってきました。明治村で開催されている謎解きイベント「明治探偵GAME」のネタです。昨年の「依頼書伍」に引き続き、超能力を持つ主人公「不知火 奇十郎」が明治村を舞台に謎解きを行うアトラクションのネタバレしない程度な感想です。

スポンサーリンク

明治探偵GAME 超能力 vs 超能力

愛知県犬山市にある博物館「明治村」を舞台に開催される、謎解きイベントを手掛けている「タカラッシュ」さんの企画で行われています。

受付でキットを購入して、村内に隠されたヒントを探して謎を解き明かす体験型のアトラクションです。

難易度に合わせて6つの依頼書が分けられていて、レベルの応じて、小学生から謎解きマニアまで誰でも楽しめる内容になっています。二〇二〇年五月九日(2020年5月9日)から高難度の依頼書が新しく追加される予定です。

私は毎年最後の依頼まで捜査完了するのが一年の予定になっています。

今年も、「依頼書 壱」以降には、次の依頼書を購入する際に五拾円(50円)引きの特典が得られるようになっていました。

すべての依頼書をクリアしたい人向けのセット割もあって、超初級レベルの「依頼書W」を含む4つの依頼書セットで購入すると2,100円(単品買いよりも200円お得になる計算)で入手することができます。

明治村の年間パスポートである「村民手帳」を見せると、さらに100円引きの2,000円で購入することができました。

スポンサーリンク

早速捜査開始

捜索キット内の「霊能力者が残した手がかり」から、ヒントを入手する村内の建物を特定します。

初級レベルなので、難易度は低いです。「場所イ」と「場所ロ」は直ぐにわかりましたが、「場所ハ」は明治村の街並み(つまり、建物の並び順)が重要になりました。

明治村が初めての方でも、村内で配られている「村内地図」の建物名と「場所ハ」の絵を見くれべれば、見当が付きます。

依頼書壱は、テーマが念写ということで手がかりの建物に設置されているスタンプを手に入れることになります。上下を間違えると、取り返しがつかないことになるので、注意してスタンプを手に入れます。

手に入れられるスタンプは、3種類で全部集めると、次のヒントが浮かび上がります。

ヒントを頼りに、その場所に行くと回答の文字を入手することができます。ストーリーブックに、それを書き写して、正門か北門にある答え合わせのブースで提出して、捜査完了です。

まとめ

難易度★☆☆☆☆なので、あまり詰まることはありません。漢字を読むことが出来れば小中学生でも十分に謎解きができるレベルの問題でした。

手がかりの「場所ハ」は村内の建物の並び順が重要になるので、地図と見比べれば、特定できるようになっています。

手がかりとして入手するスタンプは上下を間違えると、修正が不可能になるので、くれぐれも注意してください。

捜査完了すると、受付で明治探偵社の証明印が貰えます。今回は、次の依頼書が50円引きになるチケットが付いています。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です