single.php

在宅ワークでWindows10でVPNに接続する手順

新型コロナウィルスで在宅ワークやリモートワークが増えている中、はじめてWindows10のVPN機能を使う方も多いと思われるので、接続する手順とトラブルシューティングのまとめておきます。

スポンサーリンク

PPTPとIPSec

Windows10で対応しているVPN接続には、PPTPとIPSec、SSTP、IKEv2がありますが、最近の企業で設定されているのは、PPTPかIPSecが多く、PPTPはセキュリティに不安があるので、ほとんどの場合、IPSecが設定されているはずです。

IPSecで接続する場合は、証明書か共有パスワードが必要になるので事前に用意が必要です。会社に接続するような場合には情報システム部門などから提供されているはずです。

VPNの作成

Windows10でVPN接続を新しく作成するには次の手順で行います。

1. タスクトレイのネットワーク(Wi-Fiアイコンなど)をマウスの右ボタンでクリックして表示されたメニューから[ネットワークとインターネットの設定を開く]をクリックします。

2. 表示された[ネットワークとインターネット]画面で[VPN]をクリックします。

3.[VPN接続を追加]画面で[VPNプロバイダー]に(他のプロバイダーがインストールされていなければ)[Windows(ビルトイン)]を選択します。

4. 支持されている設定値(接続先のアドレスやIPSecなどの共有鍵など)を入力して[保存]ボタンをクリックします。

5. 保存したVPN接続を使って接続を行います。

トラブルシューティング

追加したVPN接続を使って接続時にエラーが発生するような場合、Windows10の不具合に該当している可能性もあるので更新が必要になる場合があります。

詳しい内容は別記事をご覧ください。

まとめ

新型コロナウィルスの対策として急に在宅ワークやリモートワークになり普段はしていなかったVPN接続が必要になるケースがあります。

もちろん会社側でリモートアクセスなどの設備や設定がされていない場合、VPN接続を作ることはできませんが、設定されている場合にはWindows10の機能を使って会社のパソコンにアクセスすることが可能になるので、リモートワークの強力なツールとして利用することができます。

職場のパソコンでのみ作業をしている方は普段使う機能ではないですが、有事に備えてVPN接続の利用方法を覚えておいて損は無いです。

急にリモートワークになってしまいVPN接続で困っている方の参考になれば幸いです、

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です