single.php

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma 分解掃除

キーボードの調子が悪い時は掃除に限ります。ずっと前から気になっていた「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」の分解と掃除をやってみました。

スポンサーリンク

とりあえず分解

キーボードの分解と言えば、裏側のネジを外すというのが定説でしたが「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」は表にあります。

裏のゴム足を外して悩んだのは内緒です。

キートップを外して、後で迷わないように並べます。ちなみに映り込んでいるのがサブ機として使っているThinkPad X260です。このブログでもキーボード交換やSSD換装で登場しています。

キートップを外すとネジが現れます。11本あるのでドライバーで取り外します。

裏面が外れたら、キーボードの基盤と接続しているケーブルを抜いて分離します。

分解できるのは、ここまで。

どうやら「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」は、メカニカルキーと基盤で表面を挟み込んではんだ付けされているようなので、表面と基盤を分離することができません。

基盤の製造日からすると、既に4年も使っているようです。

反応しないキーを確認

さすがに4年も使い込んでいると、反応しなくなるキーも出てきて、「スペース」と「下向き矢印」、「F10」と「Tab」が打ち辛くなってきていました。

何度も押せば反応するのですが、スペースキーとかはストレスになるので、サブ機で作業をしていました。

分解できないので、どうしようか迷いましたが、裏面を掃除してキートップを外した状態で、エアで内部を拭き掃除してみたら、嘘のように反応が戻りました。

特に何もしていないのですが、メンテナンスは重要です。

分解した手順と逆に、ネジを取り付けていきます。

並べていたキートップを間違えないように取り付けて完成です。

まとめ

これで治らなければ、新しくリリースされた「Razer Huntsman Mini」に買い替えようと思っていましたが、残念(笑)

キーボードは毎日触れる部分なので、隙間にゴミや埃が入るのは仕方がないので、定期的にメンテナンスが必要になります。

「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」は珍しくネジが表面(キートップを外した状態)にあるので注意してください。

「Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma」キーボードの分解に困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。