single.php

Raspberry PiにWindows10をインストールする際に「Windows could not configure…」が表示される場合の対処法

ARM版 Windows10をRaspberry Pi 3 ModelB+ にセットアップ時に「Windows could not configure one or more system components. To install Windows, restart the installation.」エラーが表示された場合の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows10のエラー画面

Raspberry PiにWindows10をセットアップ中にエラーやブルースクリーンで停止してしまうことがあります。

ブルースクリーンが表示されない場合でも「Windows could not configure one or more system components. To install Windows, restart the installation.」などのエラー画面が表示されてインストールが停止してしまう場合があります。

利用するインストールイメージを古くする

Unified Update Platform」でダウンロードできるARM版 Windows10のインストールイメージには過去のバージョンも用意されています。

この記事を書いている時点で[Select version]で選択できる最新版は “20H2” ですが、私の場合は、Raspberry Pi 3 Model B+にインストールする際に、エラーになり、[Select version]の一覧から “2004” をダウンロードすることで正しくセットアップすることができました。

ソフトウェア的なエラーの場合もありますが、CPUの温度が上昇しサーマルスロットリングが発生している場合があるので、エラーが回避できないような場合には、CPUの温度上昇を疑う必要があります。

まとめ

Windows10をRaspberry Pi 3 Model B+にインストールする際に「Windows could not configure one or more system components. To install Windows, restart the installation.」エラーが表示される場合にはセットアップする ARM版 Windows10のインストールイメージのバージョンを変更することで回避することができました。

エラーメッセージからソフトウェア的なエラーも考えられますが、改善できない場合にはCPUの温度上昇でハードウェア的な障害が発生している場合もあります。

Raspberry Pi 3にWindows10をインストール時に「Windows could not configure one or more system components. To install Windows, restart the installation.」エラーメッセージでセットアップが停止して困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です