single.php

VSCodeでWSLのUbuntuをリモート操作する手順

Windows10の機能として追加されるWSL(Linux用 Windows サブシステム)をインストールするとVSCodeからリモートでWSLでセットアップしたUbuntuなどのOSに接続して操作することができます。

スポンサーリンク

Remote – WSL 拡張機能

VSCodeには[Remote – WSL]機能拡張をインストールすることができます。ターミナルやデバッグする際の環境をWindows側にセットアップされているWSL(Linux用 Windowsサブシステム)で構築されたUbuntuなどで実行してくれるようになります。

VSCodeから実行する手順

難しいことは後回しにして、VSCodeでWSLでセットアップしたUbuntuにPythonのコードを追加して、実行する手順を紹介します。

具体的には次のような手順で確認をすることができます。

1.[Power Shell]や[Windows Terminal]などから次のコマンドを入力して作業用のフォルダーを作成します。

wsl
mkdir sample
cd sample

2. 作業用のフォルダーに移動して、次のコマンドを入力します。

code .

3. 作業用のフォルダーがVSCodeで開かれます。

4. 作業用のフォルダーに[hello-world.py]を作成して、次のコードを追加します。

print('Hello World.')

5.[表示|ターミナル]メニューを選択します。

6. 表示された[ターミナル]画面に次の入力して実行します。

python3 hello-world.py

VSCodeで追加したコードがWSLでセットアップしたUbuntu内で実行されます。

まとめ

Remote-WSL拡張機能を使うことで、VSCodeからWSLで構築したUbuntu環境に追加したコードを実行することが簡単になります。

Remote-WSLを利用してVSCodeからUbuntu環境に接続したい人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

「VSCodeでWSLのUbuntuをリモート操作する手順」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。