single.php

UbuntuにVisual Studio Codeをインストールする手順

普段はWindows版を使っているので特に必要は無いんですが、Linux版を一度見てみたくて、WSL2に入れたXfce4でGUI化したUbuntuにVSCodeをインストールしてみました。後で思い出せるように備忘録的な記録。

スポンサーリンク

Linux版でも様々なバージョンがあります

インストーラーがダウンロードできるVisual Studio Codeの公式ページにはUbuntu、Debian、Red Hatなど、Linuxのエディションやアーキテクチャー別に、様々なファイルをダウンロードすることができます。

今回は、Ubuntuなので[64bit]の[.deb]ファイルをダウンロードします。

WSL2側のブラウザでダウンロード

今回は、WSL2側のWindows10でインストーラーをダウンロードしてUbuntuでセットアップします。

1. Windows10のブラウザを使って、Linuxのインストーラーのダウンロードページを表示します。

2. [.deb]をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

3. Ubuntu(xfce4)は、既定でWindows10のCドライブがマウントされているので、ファイルマネージャーからダウンロードしたインストーラーを共有することができます。

4. 新しい[Terminal]を起動して次のコマンドを入力します。

cd <インストーラーをダウンロードしたフォルダー>
sudo apt -y install ./code_1.xx.xx-xxxxxxxxxx_amd64.deb

5. インストールが開始されます。

6.[アプリケーション]メニューから[アクセサリ|Visual Studio Code]を選択します。

7. Ubuntuで[Visual Studio Code]が利用できるようになります。

8. 左側メニュー[拡張機能]で[Japanese Language Pack]を検索して[install]をクリックしてセットアップします。

9. 表示されたメッセージで[Restart]をクリックしてVSCodeを再起動します。

10. Visual Studio Codeのメニューが日本語化されます。

Windows版との比較

ちなみにこれがWindows版。

Pythonコードを表示して比較してみると、やっぱりWindows版の方がスタイリッシュです。OSの都合ですがタイトルバーもメインメニューと統合されてますし、ターミナルに関してはフォントがインストールされていないためか、表示がおかしくなっています。

興味本位でインストールしたので、これ以上は特に進みません。(笑)

まとめ

UbuntuにVisual Studio Codeをインストールする方法は沢山ありますが、もっとも手軽にインストールするのは、公式ページから[.deb]形式のインストーラーをダウンロードして[Terminal]からコマンドを実行します。

WSL2を利用している場合には、Windows10側のCドライブがマウントされて共有されているため、Windows10側のブラウザを利用してインストーラーをダウンロードすることができます。

Ubuntuで、Visual Studio Codeをインストールしたい人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。