single.php

1/144 HG改造 MS-07B マ・クベ専用グフ製作日誌(4日目)脚部後ハメ加工

1/100 マスターグレード(MG)でしか立体化されていない、マ・クベ専用グフを 1/144 HGキットを改造して作っていきます。今回は脚部の後ハメ加工をしていきます。

スポンサーリンク

太腿部分の後ハメ加工

リバイブ版のHGグフで、後ハメ加工しにくい場所は太腿でした。合わせ目が出る場所なので、関節部分を後からハメる加工をしていきます。

関節部分のパーツを固定するダボ穴が4か所あります。難点なのが下にある仕切り板のような出っ張りが邪魔になります。

仕組み的には仕切り板を少し削って、ダボの下側を切り離してCのような形状にして、下から関節パーツを後ハメするようにしていきます。

仕切り板とダボ穴部分の下側をニッパーとカッターで強引に切り取ってしまいます。

軽くヤスリ掛けして、加工終了。

加工前と比べると、こんな感じ。

関節パーツのダボも下側だけ残して、上側はニッパーで切り取ってしまいます。

後は、太腿パーツの下側から関節パーツを差し込んで、後ハメすることができるようになります。

加工前と後の比較。削り過ぎても、ダボ部分を接着してしまえば固定できるので、気にせずニッパーでむしり取れば、簡単な作業で後ハメ加工ができます。

まとめ

今回は、脚部の太腿パーツの後ハメ加工を行いました。

数少ない、合わせ目ができる場所なので加工しておくと塗装がしやすくなります。可動しない場所であれば、最悪接着して固定すれば良いので、作業する時は、気にせずニッパーなどでワシワシ切り取っていくと、作業効率が上がります。

製作したキットは、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、腕の後ハメ加工をしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です