single.php

1/144 HG改造 MS-07B マ・クベ専用グフ製作日誌(3日目)左手75ミリ機関砲の分離

1/100 マスターグレード(MG)でしか立体化されていない、マ・クベ専用グフを 1/144 HGキットを改造して作っていきます。今回は左手に装備されている特徴的な75ミリ機関砲の改造をしていきます。

スポンサーリンク

素晴らしい成型

と言うこと、マ・クベ専用には関係ないですが左手の機関砲(つまり指)を加工していきます。

キットの左手のパーツ分けはこんな感じになっています。HGで、これだけパーツ分けされていると嬉しくなります。指の部分は別パーツで親指も分離して稼働するようになっています。素晴らしい。

よく見てみると、人差し指から小指の4本を組む場所は、ボールジョイントのような形状になっていて、切り離しても大丈夫そうです。

まさに分離する改造をしてくれと言っているようなもんです。

薄刃鋸で分離

という訳で、早速分離してみます。カッターやデザインナイフでも良さそうですが、今回は「薄刃のこぎり」を使ってみます。

試しに人差し指を分離してみました。切断面は、ヤスリで処理します。結構イケそうです。

4本指の分離に成功。取り付け部分は稼働を考慮して、ヤスリ掛けは止めてあります。

他のパーツと組み合わせて、作業終了。ジオングのような仕上がりになりました。

手に表情がでる

実際に機関砲として弾が出るかは別にして、指が独立して稼働するとハンドパーツに表情が出せます。指を少し曲げるだけで、情報量が増してカッコ良く見えます。

外側から見ても、自然な手に見えてくるので不思議ですよね。

まとめ

今回は、左手で一体成型されている指パーツを分離してみました。作業はカッターやデザインナイフでもできますが、薄刃のこぎりがあると、楽に作業ができます。

プラモデルの改造は、プラ材を使って削って接着して工作するイメージですが、成型されたパーツを切り離すだけでも十分に情報量を上げることができるので、HGグフの場合、左手を改造するだけでも、カッコ良さが増加させることができます。

製作したキットは、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

次回は、腕や脚の後ハメ加工をしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です