single.php

3Dプリント 1/144 サイコミュ試験型ザク製作日誌(42日目)ネオジム磁石で肘関節を脱着

ガンプラ転売のブームでキットが手に入らないので3Dプリンターでガンプラ欲を満たすために、フルスクラッチで製作した高速起動型ザク(タコザク)を流用して勢いで製作するサイコミュ試験型ザクの記録42日目。今回は肘関節にネオジム磁石を使って、オールレンジ攻撃ができるように、プチ改造してみました。

スポンサーリンク

ネオジム磁石で肘関節を脱着

先回のタコザクを製作している時に考えてスルーしていた脱着式の肘関節に改造していきます。まずは肘関節と肩部分を繋ぐパーツにナット(M2サイズを使いました)が入るだけのスペースを追加したパーツを新造して(ナットの実寸を測定して深さは1.6ミリ、6ミリ径で設計してあります)瞬間接着剤で固定します。

肩関節側のパーツにはダイソーで入手できる、小さめのネオジム磁石を貼り付けます。

肘パーツのナットと、ネオジム磁石と合体させれば、脱着式の腕部に改造することができました。

こんな感じで、ネオジム磁石の部分で切り離すことができます。

同じ改造を両腕に施します。

こんな感じで、オールレンジ攻撃ができるようになりました。

まとめ

今回は、フルスクラッチでの造形を始めたサイコミュ試験型ザクの腕部パーツにネオジム磁石を使って脱着機能を改造しました。

3Dプリンターを使ったパーツでは、改造する場合でも簡単にパーツを修正することができるので便利です。

造形物は、インスタやツイッターに先にアップするので、よかったらご覧ください(フォローもしていただければ喜びます)

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。