single.php

1/144 MS-06R ZAKUII HIGH MOBLITY TYPE “PSYCHO ZAKU” (2)

早速組み立てていきます。サンダーボルト作品は、小さなスラスターバーニアが全身に装備されているので細かな部品が多そうですが、その辺りは後で組み付けるとして、全体のプロポーションとパーティングラインの確認のために仮組みしていきます。

胸部分

通常のザクとT字アーマー部分のデザインが異なって、両サイドもバーニアを付けるためにえぐられています。しかし、このオレンジ色は強烈ですね戦場で目立って仕方がないと思います。

スカート部分は、可動式で前パーツの接続部分を切断すると左右別で可動するようになります。動力パイプは、通常と違ってサンダーボルトの特長であるシワシワ風になっています。

メインディッシュの背面の推進装置です。結構なパーツ数ですので仮組みといえども苦労しました。後で外せるかは…

本体と比較すると、かなりデカく感じます。

頭部も通常のHGと同じ作りで、モノアイ可動のギミックもあります(モノアイは、後で別パーツで換装予定)。動力パイプは太目のシワシワ風で、その分「鼻」部分が少し太めの形状になっています。

隊長機の証のアンテナブレードもオレンジパーツで目立ちます。写真はランナーから外したままの使っています。安全に配慮した盛り付けなどはありませんでした。結構そのままでもイケてます。

作ったパーツを組み付け、上半身仮組み完了。特に目立ったパーティングラインも見つからず、そのままでもかなりイケてるザクに仕上がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です