single.php

ペインティング スタンドを作ってみました

プラモデルの塗装用に、ペインティングスタンドを自作してみました。それ用の塗装アクセサリも販売されていますが、そんなに難しいものでもなさそうなので、自分で作ってみました。

元になっている材料は、テレビの壁掛けに使ったツーバイフォー材の余り部分です。

BESTEK テレビ壁掛け金具 BTTM0690B

まずは、パーツを固定するクリップ部分です。これは、Amazonで検索して購入しました。だいたい1,000円から1,500円くらいで手に入ります。

Amazonでは、こんなタイトルで販売されていました。「メモスタンド クリップ パーツ わに口 ペインティング スタンド 模型 プラモデル 2種 50本 ホビー用

ワニ口のクリップにワイヤーが組み付けられている簡単な商品です。

写真がブレてしまっていますが、クリップにワイヤーが溶接されているみたいな感じの商品です。

ワイヤー後端は結構雑に切りっぱなしです。

長さが違う2種類が送られてきました。

あとは適当な長さに切ったツーバイフォー材を用意します。

1cm間隔くらいでマス目を書いていきます。

後は3mmくらいのドリルで穴をひたすら開けてきます。

ただひたすらに、開けていきます。

多少ズレても、単なる冶具なので気にせず開けていきます。

後は、カッターなどで、余分な部分を削って完成です。

今回はツーバイフォー材の端切れを使いましたが、ホームセンターの端切れコーナーの木材でも何でも適当な重みがあって、ドリルで加工できる素材であれば簡単に作ることが出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です