single.php

100均の液晶保護強化ガラスを貼ってみた(iPhone7Plus/6sPlus/6Plus ブルーライトカット)

スマホの液晶保護してますか?たまたま100円ショップで見つけた、ブルーライトカット機能が付いた、液晶保護強化ガラスを試してみました。

スポンサーリンク

表面強度9H、ガラス厚0.33

強化ガラスによく記載されている表面強度ですが、鉛筆の8Hでもキズが付かないという表現ですが、100円で手に入れられる製品でも9Hなので、今となっては最低限の品質かもしれません。。

ガラス厚も0.33ミリなので、多少厚めですが装着しても特に違和感はありません。私の試したiPhone7 Plusの場合はホームボタンの部分で、フィルムと比較して指に段差を感じるくらいです。

内容物はガラスのみ

パッケージを開けると、入っているのはガラスと保護用の緩衝材だけです。液晶掃除用の不織布や、装着時のガイド、取扱説明書などは含まれていません。ガラスの保護も、液晶に貼り付ける裏面を保護するフィルムのみで表面は、そのままです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、本体に合わせてみると、横幅が液晶より若干短いので液晶全体をカバーできないです。

この辺りのクオリティを求める方にはおススメ出来ないです。

マスキングテープで装着

ガイドなどの貼り付け時の補助がないので、マスキングテープで綺麗に貼る方法を紹介します。

裏面保護フィルムを付けた状態で、本体とガラスの位置決めをしてマスキングテープで上側を固定します。(しっかり固定しないと、ズレてしまうので注意)

ガラス部分を跳ね上げて、保護フィルムを一気に剥がします。

ガラス部分を再度反転させて、本体にゆっくり置いていきます。

ガラスから気泡がなくなったら、マスキングテープを剥がして完成です。

同じ100円ならガラスがおススメ

フィルムと違って、ガラスは反ったり静電気で不用意に本体に貼りついてしまうことがないので、この程度のガイドで位置決めを簡単にすることができます。保護フィルムも100円ショップでは陳列されています。

同じ100円であれば、フィルムより、ガラスの方が装着する面ではオススメでした。

フィルムと違って素材がガラスなので使い勝手の部分で次回はレビュー記事を投稿します。

短いですが、今回はこのあたりで終わります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です