single.php

Visual Studio Code で文字コードを設定する(UTF-8BOM無で保存)

Visual Studio Code(以下VSC)で文字コードを指定して保存する方法の紹介です。

UTF-8形式(BOM無)でテキストを保存する

Windowsのメモ帳ではUTF-8で保存する場合、必ずBOMが挿入されるので保存できませんが、VSCの場合は次の手順で選ぶことができます。

1. 「Visual Studio Code」を起動してファイルを作成して、内容を入力します。

2. ステータスバー(画面の部分)の「文字コード」部分をクリックして表示された一覧から「UTF-8」を選択します。

3. 「ファイル|名前を付けて保存」メニューを選択して、テキストファイルを保存します。

まとめ

VSCを使えば、UTF-8の他にも様々な形式で保存することが可能になります。(Windowsのメモ帳の場合は、ANSI、Unicode、Unicode BE、UTF-8の4種類)

その他に、改行コード(CRLF、LF)を選択することも可能なので、VSCをテキストエディターとして使うこともできます。無料でダウンロードしてインストールすることができるので試してみてください。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です