single.php

PCケース 仕様比較(令和PC製作日記 調査編)

新しい時代「令和」になって早くも1カ月。使っているパソコンも、そろそろ時代遅れになってきたので、新しいPCを製作すべく調査に乗り出しました。その第一弾は、X470 マザーボードの比較をしました。次はPCケースを調べてみて、良かったと思うケースを紹介します。

自分的に次のポイントでケースを選んでいます。

  • 対応マザーボードフォームファクタはATX
  • 筐体サイズはミドルタワー
  • 価格は2万円以内(Amazonの販売価格で)

LIANLI O11 Dynamic

同じクラスのケースが筐体正面にファンを実装している場合が多いのに対して、ケースの正面にファンが設置されていないケースです。ケース正面にも強化ガラスを配置して、ファンは左のパネル部分に実装できるようになっています。

製品寸法(W) 272 × (H) 446 × (D) 445 mm
重量9.7kg
対応マザーボードE-ATX / ATX / Micro-ATX
3.5インチベイ2
2.5インチベイ4
前面ファン120mm × 3
上面ファン120mm × 3 or 140mm × 2
底面ファン120mm × 3 or 140mm × 2
背面ファン
対応グラフィックボード長420mm
対応CPUクーラー全高155mm
前面ラジエター制限240mm / 280mm / 360mm × 1
上面ラジエター制限240mm / 280mm / 360mm × 1
底面ラジエター制限240mm / 280mm / 360mm × 1
I/OポートUSB3.0 × 2、USB3.1 Type-C × 1、マイク × 1、ヘッドフォン × 1
備考HDDマウンタを取り外すことで、電源を2台搭載可能

俺的良い点と悪い点

良い点・ファンの取り付け箇所が多い(最大9個)
・HDD/SSDベイが多い(最大6個)
・I/OポートにUSB3.1が付いている
悪い点・前面パネルから吸排気できない
・筐体左側に物が置けない
・背面ファンの取り付けができない
・ファンがすべて別売り

CORSAIR Crystal 460X

前面にLED付きの3連ファンが搭載されているケース。前面にも強化ガラスを、空気の取り入れ口として 隙間を開けるように配置されてエアフローが確保されています。

製品寸法(W) 220 × (H) 464 × (D) 440 mm
重量約8kg
対応マザーボードATX / Micro-ATX / Mini-ATX
3.5インチベイ2
2.5インチベイ3
前面ファン120mm × 3 or 140mm × 2
上面ファン120mm × 2 or 140mm × 2
底面ファン
背面ファン120mm × 1
対応グラフィックボード長370mm
対応CPUクーラー全高170mm
前面ラジエター制限360/280/240/120mm×1
上面ラジエター制限240mm×1
底面ラジエター制限
背面ラジエター制限120mm×1
I/OポートUSB 3.0 × 2、マイク × 1、ヘッドホン × 1、LEDコントロールスイッチ × 1
備考

俺的良い点と悪い点

良い点・120mm LEDファンが3個同梱
・フロントからエアフローできる
悪い点・底面ファンの取り付けができない
・長尺タイプのグラボが取り付けられない(最大370ミリ)

Cooler Master MasterBox K500

前面にLED付きの2連ファンが搭載されているケース。マザーボード側のコントローラー側が対応していれば、RGBを制御することができる。

製品寸法 (W) 210 × (H) 455 × (D) 491 mm
重量
対応マザーボードATX / Micro-ATX / Mini-ATX
3.5インチベイ2(3.5/2.5インチ共用)
2.5インチベイ1
前面ファン120mm × 3 or 140mm × 2
上面ファン120mm × 2
底面ファン
背面ファン120mm × 1
対応グラフィックボード長400mm
対応CPUクーラー全高160mm
前面ラジエター制限120/140/240/280mm
上面ラジエター制限
底面ラジエター制限
背面ラジエター制限120mm
I/OポートUSB 3.0 × 2、マイク × 1、ヘッドフォン × 1
備考

俺的良い点と悪い点

良い点・120mm LEDファンが2個同梱
・マザボからのファンLED制御が可能
悪い点・3.5/2.5インチベイの数が少ない
・長尺タイプのラジエターが取り付けられない(最大280ミリ)

まとめ

各PCケースの仕様比較をしてみましたが、最近では前面にも強化ガラスを配置しているケースが増えてきています。

エアフローを確保するために、ファンの取り付けを正面から横面にしたり、強化ガラスの間に隙間を確保することで空気の取り入れ口にするなど、見映えと性能を共存させようと工夫がなされています。

公式ページや販売元のページを調べていて、俺的なおススメとしては、「LIANLI O11 Dynamic」が一番よく見えました。カードのスロットや、HDD/SDDマウンターの数も多いので、拡張性は今回調べて3つの中で一番高くなっています。

また、LEDファンが同梱されてきませんが、逆に考えれば静音性の高いファンや、光らないファンなど、好みに応じてファンを選ぶことができるようになります。

僕と同じようにパソコンのミドルタワーケースでで迷われている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です