single.php

VisualStudioCode 1.36 気になった機能レビュー

6月にリリースされた「Visual Studio Code」の新しいバージョン1.36に追加された機能で気になった部分のレビューを投稿してみます。

フォルダーをドロップ時の挙動

今回のバージョンから、エクスプローラーからフォルダーをドロップする時の挙動が変更されています。以前のバージョンまでは、ドロップしたフォルダを含むワークスペースが開く動作でしたが、今回からワークスペースにフォルダーを追加する動作に変更されています。

実際にエクスプローラーからフォルダーを動作すると、確認ダイアログが表示されます。

私の端末では、「フォルダーの追加」が正しく動作しない(何も起こらない)ですが、「Copy Folder」を選択すると、フォルダー内のサブフォルダとファイルがワークスペース内にコピーされます。

今までは、同じ作業をエクスプローラーで行っていたのでVSCでフォルダーコピーができるのは便利になりました。

ステータスバーの項目非表示

ステータスバーに表示される項目毎に表示と非表示を設定することが出来るようになりました。

ステータスバーの項目をマウスの右ボタンでクリックするとポップアップメニューが表示されます。

「Hide」メニューを選択すると項目(画像の場合は「Tweet Feedback」)が非表示になります。

「Hide Status Bar」メニューでステータスバー自体が非表示になります。(以前のバージョンでも実装済みの機能)

まとめ

今回、個人的にフォルダードロップ時の挙動が地味に便利に感じました。今までエクスプローラーで行っていた作業をVisual Studio Codeで行うことが出来るのは、効率的です。

詳しくは、1.36のリリースノートをご覧ください。

「Visual Studio」と聞くと、Windowsアプリの開発環境としてのイメージが大きいですが、「Visual Studio Code」の場合、LinuxやMacOSでも利用者が多くなってきているマルチプラットフォームに対応したスクリプトエディタです。

その他に、インストールする場所を変更する「ユーザーセットアップディストリビューションへの切り替え」が実施されています。メッセージが表示された場合には、新しいインストール場所に再インストールをお勧めします。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です