single.php

在宅ワーク接続したVPNで会社のプロキシーサーバーに接続する手順

新型コロナウィルスで在宅ワークやリモートワークが増えている中、はじめてWindows10のVPN機能を使う方も多いと思います。会社でインターネット接続で、プロキシーサーバーを利用している場合の接続する手順をまとめておきます。

スポンサーリンク

プロキシーサーバー

会社や企業では、インターネット接続を管理するためにプロキシーサーバーが導入されているケースがあります。

各端末が直接インターネットに接続すると、ウィルスなどのセキュリティ対策を端末毎に管理する必要があるため、インターネット閲覧などの通信の流れをまとめて管理できるメリットがあります。

在宅ワークなどで家庭用の端末をVPNに接続して利用するような場合、直接インターネットに接続することもできますが、企業のプロキシーサーバーに接続して利用する設定も可能です。

企業のプロキシサーバーに設定が必要な場合もあるので管理者に依頼が必要な場合もあります。

VPNでのプロキシーサーバーの利用

Windows10のVPN接続でプロキシーサーバーを利用するには次の手順で行います。

1. タスクトレイのネットワーク(Wi-Fiアイコンなど)をマウスの右ボタンでクリックして表示されたメニューから[ネットワークとインターネットの設定を開く]をクリックします。

2. 表示された[ネットワークとインターネット]画面で[VPN]をクリックします。

3.[VPN]画面で利用する接続をクリックして表示された[詳細オプション]をクリックします。

4. 表示された[接続プロパティ]画面で[VPN プロキシ設定]内のリストボックスをクリックします。

5. 表示された一覧から[手動セットアップ]を選択します。(企業によってはセットアップスクリプトなどが用意されている場合には、選択後画面の指示に従って設定を行います)

6. 表示された[アドレス][ポート]などを入力して[適用]をクリックします。

以上の操作で、設定したプロキシーサーバー経由でインターネット接続が行われるようになります。

まとめ

新型コロナウィルスの対策として急に在宅ワークやリモートワークになり普段はしていなかったVPN接続が必要になるケースがあります。

プロキシサーバーなどはインターネット接続のセキュリティ対策として有用な場合が多いので、職場のパソコン同様に在宅ワークでの調査活動として設定しておいて損はありません。

職場のパソコンでのみ作業をしている方は普段使う機能ではないですが、有事に備えてVPN接続やプロキシーサーバーの設定や利用方法を覚えておいて損は無いです。

急にリモートワークになってしまいVPN接続で困っている方の参考になれば幸いです、

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です