single.php

Xbox One でスクリーンショットをOneDriveへ転送する手順

Xbox使ってますか?ゲームのブログなどを書いていると、ゲーム画面の静止画が欲しい時が出てきます。Xboxのスクリーンショットの機能を使うと、ゲーム中の静止画を保存してクラウド上に保存することができます。

スポンサーリンク

ゲーム中の画像キャプチャー

Xboxの場合、ゲームの内容がドライブレコーダーのように保存されているので、過去に起こった部分の画像が欲しければ、動画を再生して、必要な画面を静止画でキャプチャーすれば良いのですが、手順が長くて非常に面等でした。

過去の画像が欲しい時もありますが、「今、この瞬間をキャプチャーしたい」時は良くあると思います。

Xboxの2015年3月のシステム更新で、コントローラーからスクリーンショット画像が保存できるようになってたようです。(今まで知らんかった)

スクリーンショットの撮影方法は、コントローラー中央の(Xbox)ボタンを2回押した後、(Y)ボタンを押します。(X)ボタンを押すと、動画クリップの保存になります。

手順的には

  1. コントローラーの中央の(Xbox)ボタンを2回押す。
  2. 画面に下のようなメニューが表示されます。
  3. (Y)ボタンを押します。
  4. スクリーンショットが保存されます。

画像は、一時的に保存されるのでXboxのキャプチャーフォルダからは見えませんが、この手順で、好きなシーンで静止画の撮影を行うことができます。保存する手順は以下の記事を読んでください。

激しいゲームのプレイ中に(Xbox)ボタンを押せるかという心配もありますが、モンスターとの対戦中に、もっと複雑なボタンを多様している皆さんなら、出来ると思います。(笑)

画像の保存先「アップロード」アプリ

キャプチャーされた画像は、「アップロード」アプリで確認できます。キャプチャーした画像は、一時保存の段階なので、撮影後は、管理メニューから更新をしてあげる必要があります。

  1. コントローラー中央の(Xbox)ボタンを長押しします。
  2. 直近で撮影したキャプチャー画像とオプションメニューが表示されます。
  3. [キャプチャを管理]メニューを選択して、画像の操作を行います。

超絶便利「OneDriveへの自動アップロード」

Windows10と連携している場合には、「OneDriveへの自動アップロード」設定が便利です。Xboxが、いかに高性能でも画像の編集はパソコンの方が効率的です。撮影後にOneDriveに転送しておくと、Windows10で画像の編集が、すぐに行えるようになるので、ブログなどへの投稿する時に、かなりの効率化になります。

私の場合には、この機能を知らなかったので、Windows10のXboxアプリでストリーミングしている画像をWindows側のスクリーンキャプチャーで画像化していたので1つの画像を作成するのに、時間を要していました。

Xbox側でのスクリーンショットの機能でもHDの高画質で画像がキャプチャー出来るので、キャプチャー画像がXboxからWindowsまで転送する手間が省けて、超絶便利になりました。

OneDriveへの自動転送の設定方法

  1. コントローラ中央の(Xbox)ボタンを長押しします。
  2. 画面にアップロードアプリで直近でキャプチャーした画像が表示されます。
  3. 「OneDriveにアップロード」メニューを選択します。
  4. 画面下に「アップロード中…」が表示されたら処理が終了するまで待ちます。
  5. 「OneDrive」に、Xboxと同じMicrosoftアカウントでログインします。
  6. 「画像」フォルダー内の「Xbox Screenshots」フォルダーにアップロードした画像が保存されています。

高解像度で保存されるので壁紙にするもよし、編集してブログの素材と使うもよし、スクリーンショットの撮影後に、Xboxから直接アップロードできるので作業効率が上がります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です