single.php

WordPressでページの種類を判定する関数

WordPress使ってますか?先回、is_home関数を使ってホーム画面とそれ以外を判定した記事を追加しましたが、ページの種類を判定して動作を制御した方が効率的ということで備忘録的に投稿しておきます。

スポンサーリンク

投稿ページだけ[is_single関数]

一番使い勝手がある関数です。投稿ページだけ動作を変えたい場合には、is_single関数を使います。

<?php
if(is_single()):
//投稿ページだけの動作
endif;
?>

 カテゴリやホーム画面、固定ページにはAdSense広告を表示したくない場合などが考えられます。

カテゴリーページだけ[is_category関数]

カテゴリー表示のページだけや、特定のカテゴリーの場合に動作を制御したい場合には、is_category関数を使います。

<?php
if(is_category()):
//カテゴリーページだけの動作
endif;

if(is_category(’スラッグ’)):
//特定のスラッグが設定されているカテゴリーページだけの動作
endif;

if(is_category(カテゴリID)):
//特定のカテゴリーページだけの動作
endif;
?>

固定ページだけ[is_page関数]

固定ページだけを判定する場合には、is_page関数を使います。is_category関数と同様にIDやスラッグを引数として使うことが出来ます。

<?php
if(is_page()):
//投稿ページだけの動作
endif;

if(is_page(’スラッグ’)):
//特定のスラッグが設定されている固定ページだけの動作
endif;

if(is_page(固定ページID)):
//特定の固定ページだけの動作
endif;
?>

日付別ページだけ[is_archive関数]

過去に投稿した記事を年や月などでまとめて表示した場合の制御に使います。年別や月別の投稿記事を判定するにはis_year関数やis_month関数、is_day関数を使います。is_archive関数は、年別、月別および日別のページでもtrueを返します。

<?php
if(is_archive()):
//日付別ページだけの動作
endif;
?>

 

年別ページだけ[is_year関数]

日別や月別、年別の投稿記事を判定します。

<?php
if(is_year()):
//年別ページだけの動作
endif;
?>

月別ページだけ[is_month関数]

月別の投稿記事を判定します。

<?php
if(is_month()):
//月別ページだけの動作
endif;
?>

日別ページだけ[is_day関数]

日別の投稿記事を判定します。

<?php
if(is_day()):
//日別ページだけの動作
endif;
?>

知っていると、いないとではブログのカスタマイズに差が出てくる関数です。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です