single.php

VisualStudioCodeでDebugger for Edgeを使う(JavaScriptのデバッグ)

Visual Studio Code使ってますか?先回は、Debugger for Chromeを使ったJavaScriptのデバッグ方法を紹介していきました。今回は、Edgeを使ったHTML内のJavaScriptをデバックする手順を紹介します。

スポンサーリンク

Debugger for Edgeのインストール

拡張機能をセットアップする必要があるので、VSCを起動して、左側のメニューから一番下の[拡張機能]を選択します。

検索ボックスに、[Debugger for Edge]と入力して表示された拡張機能で[インストール]を選択してセットアップを行います。

セットアップが完了したら、[再度読み込み]を選択して、拡張機能を有効にしておきます。

環境設定

拡張機能をインストールしたら、環境設定を行っていきます。

    1. プロジェクトのフォルダを開きます。
    2. [デバック|構成の追加]メニューを選択します。
    3. 表示された[環境の選択]一覧から[Edge]を選択します。
    4. [launch.json]が新しく作成され設定画面が表示されます。
    5. 構成ファイルを以下のように編集します。
{
// IntelliSense を使用して利用可能な属性を学べます。
// 既存の属性の説明をホバーして表示します。
// 詳細情報は次を確認してください: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
"version": "0.2.0",
"configurations": [
{
"type": "edge",
"request": "launch",
"name": "ローカルにあるファイルをデバッグ",
"file": "${workspaceFolder}/index.html"
}
]
}

コードを追加してデバッグ

プロジェクトのフォルダに、デバッグ用の[index.html]を追加して適当なJavaScriptを追加します。

<html>
<head>
<title>JavaScript Debug Sample</title>
<script type="text/javascript">
window.onload = function()
{
alert("Hello World");
};
</script>
</head>
<body>
</body>
</html>

[デバッグ|デバッグの開始]メニューを選択します。

Microsoft Edgeが起動してスクリプトが実行されます。

まとめ

同様に、Node.jsやChromeを使ってJavaScriptをデバッグする方法もありますが、機能拡張を使うとEdgeを使ってデバッグすることもできます。

Microsoftさんは、同様にChrome用の機能拡張も用意しているのでEdge以外のブラウザを利用したデバッグも可能です。

Chrome向けのデバッグ方法については、過去記事をご覧ください。

VisualStudioCodeでDebugger for Chromeを使う(JavaScriptのデバッグ)

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です