single.php

100均のシャーペンはラインチゼルの持ち手になる

プラモデルのスジボリ用に購入した「Mr.ラインチゼル」ですが、替刃を交換するより100均の2ミリ芯のシャーペンで代用できました。

GSI Creos Mr.ラインチゼル

鎌のような形状の超小型の金具が取り付けられたツールで、主にプラモデルの「スジ彫り」作業に利用します。

この持ち手の部分がアルミニウムで出来ていて非常に軽く、作業する場合でも気になりません。更にロゴが入った面が広く設計されているので、手で握った場合に常に上にくるようになっています。

サイズの違う交換用の替刃のバリエーションも多くて、異なる太さのスジボリの作業ができます。

100円ショップのシャーペンで代用

先回の記事で交換は簡単にできるのですが、複数のラインチゼルを使い分けたい場合に、面倒になります。

替刃用にラインチゼルを購入するのもありですが、複数本揃えようとすると結構なお値段になります。

今回は、100円ショップの「セリア」さんで見つけた2ミリのシャーペンを使って試してみました。

デザインやスケッチ用に鉛筆のような感覚で使えるシャーペンとして文房具コーナーで手に入ります。替芯9本付属して、価格はもちろん100円。

後端部分には、芯の削り機能が付いています。

Mr.ラインチゼルの替刃の仕様は2ミリになっているので、口径的にはジャストフィットするはずです。

交換は簡単で、替芯を引き抜いて

ラインチゼルの替刃を前から差し込みます。(もちろん後端をプッシュして芯の送りをしながらですよ)

後は刃を好みの方向に固定して完了です。何の問題もなく替え芯と交換することが出来ます。

GSI Creosのラインチゼルの持ち手との比較


3センチほど長くなりますが、持った感覚としてはそんなに違和感はありません。

デッサンやデザイン用のシャーペンとして作られているので、スジボリも線を書く作業なので、特に問題なく使えました。

純正の持ち手としては、ロゴが印刷されている面を上に向けると刃が真下を向く様に設計されているので、刃の向きを気にしなくても良いですが

シャーペンの場合には方向性がないので、何かを目印にして刃の向きを覚えておく必要があります。

まとめ

100円ショップで購入できる2ミリのシャーペンでMr.ラインチゼルの替刃を付け替えることができます。

安価なので、サイズの違う替刃を複数本揃えておくことができます。

次回は、実際にガンプラに使った場合のレビューを追加していきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です