single.php

2018年 観た映画 10選

今年も映画館にはお世話になりました。面白かった映画、期待しすぎてしまった映画、色々ありましたが2018年も、最後の日なので面白かったタイトルを挙げてみます。

スポンサーリンク

レビュー内容は「Filmarks」に書き込んであるので、興味のある方はご覧ください。順序は投稿した時に付けた点数順にしてあります。観た直後の雰囲気なので、総合的な数字ではないので、ご容赦してください。

search/サーチ

★★★★ 4.2点

モニター画面とウェブカメラの画像などを巧みに編集されてストーリーを追わせる斬新的な映画でした。以前観た「ブラック・ハッカー」というタイトルでも同じ手法が使われてましたが、自分が没入できるほど緻密に表現された手法に進化してました。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星

★★★★ 4.2点

映画なのかOVAなのか微妙ですが、映画館で観た映像としての評価にしています。この編は、最後のシーンが本当にカッコイイ。ガンダム好き(特に、シャア好き)にはタマラナイ作品の1つ。

レディ・プレイヤー1

★★★ 3.8点

映像美としては、文句なしの作品。もう少し濃いストーリー性が欲しかった。

オーシャンズ8

★★★ 3.8点

ハラハラ、ドキドキ感を望むなら、本当に映画館で観てほしくなる1作。オーシャンズが出てこないのが残念。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

★★★ 3.8点

アクション映画の決定版として観ることができる映画です。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

★★★ 3.6点

連作前提というストーリー展開なので、1つの映画として観てしまうと若干物足りなさが出てしまいます。

ヴェノム

★★★ 3.6点

作品としてのストーリーは度外視して、好きなキャラクターがスクリーンを飛び回ってくれるだけで興奮した映画です。次回はスパイダーマンとの競演を望みます。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

★★★ 3.5点

「ハン・ソロ」の謎が少しだけ解明された映画でした。

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

★★★ 3.5点

次代を担う「ガンダム」的な感じを受ける「ガンダムユニコーン」の続編ということで「ニュータイプ」というテーマを引き継ぐ、期待を裏切らないストーリー性がある作品です。

検索側の罪人

★★★ 3.3点

2018年に鑑賞した邦画では、最高の作品。特に容疑者「松倉」役の酒向さんの演技は素晴らしかった。

来年は、どんな映画が待っているのか楽しみ。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です