single.php

Androidで「バックグラウンドで実行中です」を消す方法

Android端末をバージョンアップしたら、突如登場した「バックグラウンドで実行中です」表示。通知を見てスマホの操作をするか決めている身としては、かなり鬱陶しい。というか改悪。その通知を非表示する方法を備忘録的に投稿します。

APNまで初期化された

余談ですが、今回Android8へのバージョンアップを行って、最悪だったのが端末のAPNの初期化。何も意識せずにWiFi圏外に出たらインターネットが使えずに、かなり困ったことになった。

原因はSIMカードのAPNが初期化(というか未選択状態)になってしまい、アンテナは拾っている状態なのに通信ができない現象になり、真剣に困ったことになった。

APNを選択し直して事なきを得たが、他の項目は引き継いでおいて、APN設定だけが外れるというのは勘弁して欲しい。

バックグラウンドで実行中です

話を元に戻して、問題の通知はこれ。

歩数計測アプリ「Lifelog」を使っている訳なんですが、バックグラウンドで実行されていることは知ってます。

しかも、この通知「削除」してもゾンビのように、しつこく通知領域に居座ります(笑)。

消し方は2種類ありました。

スヌーズでしばらく非表示

簡単な方法は、スヌーズです。2時間くらいこの通知から解放されます。

通知を右(または左)にスワイプして、操作アイコンを表示します。

時計のアイコンをタップして、「スヌーズ」設定の画面を表示します。

設定できるのは、15分、30分、1時間と2時間。設定すれば、一定時間通知が表示されなくなります。

まぁ、これでは解決にならんと仰る方に、次は永久に出さない方法。

通知の永久非表示

通知を右(または左)にスワイプして表示された歯車アイコンをタップします。

「すべてのカテゴリ」をタップして表示された「通知」画面で、表示したくないカテゴリを探して、右側のトグルを「オフ」に変更します。

今回の場合は「バックグラウンドで実行中のアプリ」の通知をオフにしてみます。

設定画面を閉じて、終了。これで永久に「バックグラウンドで実行中」アプリの通知が表示されなくなります。

アプリではなく、カテゴリ毎に非表示設定を行うので注意してください。

短いですが、今回はこんなところで終わります。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です