single.php

PaSoRi RC-S380 開封レビュー

e-Taxでの確定申告用に購入した、ICカードリーダー「PaSoRi RC-S380」の開封とレビューです。

スポンサーリンク

ICカード リーダライタ

PaSoRiは、JRや地下鉄の乗車券として有名な「FeliCa」カードを読み取ることができるデバイスです。別名「ICカード リーダライタ」として呼ばれることもある機器です。

Amazonで2,484円で購入しました。数年に1度モデルチェンジをするので型番(私が購入したモデル RC-S380)は変わっていきますが、仕様は同じで、利用するアプリは継続して使えます。

開封とレビュー

以前は、中身が見えるブリスターパックでしたが今回購入したRC-S380はボール紙のボックスで届きました。箱には「Windows10」と「マイナンバーカード」に対応の記載があります。

その他にも、「電子申告(e-Tax)」、「ネットショッピング(Rakuten Edy)」や「乗車券の残高チェック(Suicaなど)」の利用可能なサービスの記載があります。

内容物は「本体」、「USBケーブル」、「カード固定用金具」、「縦置き用スタンド」、「セットアップガイド類」の5点

本体とPCはUSBケーブで接続します。スマホなどの充電に使われるUSB Mini-Aではなくて、Mini-Bです。(最近は見かけなくなりました)

カード固定用の金具は、本体に装着してアンケートの時に使うクリップボード(コピペの方じゃなく)のようにICカードを挟んで使います。

縦置き用のスタンドは、本体を若干斜めにして固定してくれます。

カードを乗せた時に倒れないよう斜めになってます。

まとめ

将来的に、保険証代わりになるマイナンバーカードにも対応して、スマホやSuicaなどのICカードの情報をパソコンで読み取る装置としてPaSoRiは活躍してくれそうです。

今回は確定申告(e-Tax)用と購入を迷っている方の参考になれば幸いです。次は、ドライバーや周辺ソフトのセットアップをしていきます。

スポンサーリンク

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です