single.php

AdSenseからポリシー違反レポートが届いた時の対処法

Googleさんからの届くメール(特にAdSense)は開封するのに勇気が要りますよね。今回は「サイト運営者向けポリシー違反レポート」が届いてしまったので、私が行った対処法を備忘録的に投稿します。

ポリシー違反レポート

Google AdSenseを使っている人であれば、メールの受信トレイを見ると心臓が止まりそうになります(笑)

今回、私に届いたレポートは、こんな感じでした。


お客様

本日は Google サイト運営者様向けポリシー レポートをお送りいたします。お客様のウェブサイトの特定のページで見つかったポリシー違反に関連する最近のアクティビティをご確認ください。違反措置の適用状況は随時変更される可能性があります。現在適用されている違反については、AdSense ポリシーセンターの [ページ単位の違反措置] をご覧ください。

サイト全体またはアカウントのレベルで発生した違反については、このレポートに含まれませんのでご了承ください。サイトやアカウントのレベルで違反があった場合は、別途メールでお知らせすることがあります。ページ単位であれサイト単位であれ、ポリシー違反がなかった部分については広告掲載が続行されます。

過去 24 時間の情報:

・新たな違反が検出されました。AdSense プログラム ポリシーへの違反が見つかったページでは、広告掲載が制限または停止されています。この問題を解決するには、違反しているコンテンツを削除して、審査をリクエストしていただくか、違反しているページから広告コードを削除する必要があります。

ポリシー施行の詳細については、AdSense ヘルプセンターでご確認いただけます。プログラム ポリシーについて詳しくは、AdSense プログラム ポリシーをご覧ください。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Google サイト運営者向けポリシー


久しぶりに、やってしまったようです…

対処法は2つ

AdSense管理画面の「ポリシーセンター」を確認すると「違反措置が適用されたサイト」に広告が制限されたページが5件リストアップされていました。

詳細を見てみると、解決方法は2つです。

  • 審査のリクエストする

違反している内容を修正して、審査をリクエストして広告配信を再開する。(審査には通常1週間以上かかる)

  • 広告配信を停止する

違反しているページに掲載される広告を削除して放置する。(削除した場合は審査リクエストをする必要が無いので注意

サイト全体が違反している場合は、どうしようもないですが、広告が掲載されないのは、痛いですが審査を要求するよりは広告を削除する方が手っ取り早く解決できます。

そもそも表示数が少ないページであれば、思い切って削除するのも有効かもしれません。

いずれにせよ、ポリシー違反しているのは、こっちなのでなるべく早く対処した方が被害が少なくて済みます。

自動広告の方が便利

広告を削除すると、言葉にすると簡単ですが従来の「広告ユニット」を使っている場合、かなり面倒です。

理由は、ブログの記事内だけでなく、ヘッダーやフッターに「広告ユニット」で表示をしている場合には、すべて記事で表示されてしまう可能性があるので、広告を削除したことにはなりません。

少なくとも、記事を見ている人にとってはヘッダーも記事内も広告が表示されていることには変わりません。(おそらくGoogleさんも同じ様に見ているはず)

「自動広告」を設定すれば、設定で特定のURLに対して広告掲載を止めることが出来るので、ページ単位でポリシー違反しているような場合には楽に対処することができます。

今後、同様にポリシー違反を指摘された場合でも対処が速くなるので、これを機会に「自動広告」に移行するのも有りです。

新しいURLグループの設定

自動広告については、詳しく書きませんが通常の「広告ユニット」同様に、サイトのHEADタグ直後にコードを追加するだけで済みます。

従来の「広告ユニット」は削除する必要はなく、ページに追加されている場合には、その場所に広告が表示される仕組みになっています。

自動広告を止めたい場合には、追加したコードを削除すれば前の「広告ユニット」での表示に戻る設計になっています。

また、自動広告の設定には「URLグループ」という項目があり、ドメインやディレクトリ、ページなどのURLに対して表示される広告を制御できます。

今回は、この「URLグループ」に指摘されたページのURLを追加して広告が非表示なるように設定しました。

まとめ

個人的にはポリシー違反の指摘には、素直に応じた方が得策だと思います。内容を書いた本人としては納得いかない部分もある場合もありますが、結局広告を表示させていただいている身分なので、真摯に受け止めて早急な対応をした方が賢明です。

自動広告の「URLグループ」など、特定のURLだけ広告が表示されない設定がGoogle AdSenseにはあるので、従来の「広告ユニット」から移行しておくと、後の対応が楽になります。

今回の記事も、広告が出ないような設定にしてあります。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です