single.php

ThinkPad X260 Fnキーが動作しない時の対処法

中古で購入したレノボのX260ですが、Windows10をセットアップ後にFnキーが正常に動作しないのが気になっていました。ホットキー統合機能をインストールして対処ができたので、備忘録的に投稿しておきます。

スポンサーリンク

使えなかったFnキー

Windows10をセットアップ後、Lenovo Vantageでシステム更新をしていましたが、Fnキーは使えるキーと使えないキーが次のようにありました。

スピーカーとディスプレイ輝度の調整はできましたが、そのほかのキーは押しても何も動作しない状況でした。

F1スピーカーミュートOK
F2音量ダウンOK
F3音量アップOK
F4マイクミュートNG
F5ディスプレイ輝度ダウンOK
F6ディスプレイ輝度アップOK
F7ディスプレイ切り替えNG
F8WiFiオン・オフNG
F9設定NG
F10検索NG
F11アプリケーション切り替えNG
F12NG

Lenovo Vantageでも更新されない

Lenovoのサポートアプリケーション「Lenovo Vantage」でもキーボード関連のドライバーやソフト類はシステム更新の一覧には表示されません。

ホットキー機能統合

Lenovoの公式サポートで検索するとWindows10の場合は「ホットキー機能統合 (Windows 10 64bit)」が見つかります。以前のWindows向けの「ホットキー機能統合」も見つかります。

このソフトウェアをインストールするとFnキーが機能するようになります。セットアップの手順は次の通りです。

1. ダウンロードしたファイル(例:r0yvu28w.exe)を実行します。

2. 表示された画面で「Next」をクリックします。

3. 「License Agreement(ライセンス許諾)」画面で「I accept the agreement(同意)」を選択して「Next」をクリックします。

4.「Select Destination Location(ファイルの展開先の選択)」画面で「Next」をクリックします。

5.「Ready to Install(インストール準備完了)」画面で「Next」をクリックします。

6. ファイルが展開されウィザードが完了します。「Install Hotkey Features Integration now」チェックが有効(付いている)状態で「Finish」をクリックします。

6. ソフトウェアがインストールされ再起動が求められます。

コンピューターを再起動したら、Fnキーが利用できるようになります。

まとめ

Windows10のインストール後既定値では、キーボードのFnキーが正しく動作しないようで、動作させるには「ホットキー機能統合」アプリケーションのセットアップが必要になるようです。

レノボのドライバやシステム更新アプリ「Lenovo Vantage」でもホットキー(Fnキー)に関するソフトウェアは更新対象になっていないようで、キーボード上のすべてのFnキーを利用するためには、手動でダウンロードしてインストール作業をする必要がありました。

今回はWindows10向けで試してみましたが、Windows8など以前のWindows向けの「ホットキー機能統合」用のソフトウェアも提供されています。

LenovoのノートパソコンでFnキーで困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です