single.php

ThinkPad X260 修理交換用 英語キーボード 開封

中古で購入したThinkPad X260のキーボード交換用に購入した「英語キーボード for Lenovo Thinkpad X230s X240 X240S X250 X260 X270 01EP024」が到着したので開封してみました。

スポンサーリンク

修理交換用 英語キーボード

Amazonで検索すると、ThinkPad関連の部品は、修理交換用ということでパーツを見つけることができます。

マーケットプレイスで出品されている品物が多いので、値段は変わりますがThinkPad Xシリーズ用の英語キーボードの場合は、バックライト無しで4000円~5000円、バックライト有りで5000円~6000円が相場のようです。

大半の商品が、中国からの発送になるので中には粗悪品も紛れているので購入する際はレビューなどを頼りにして、後は神様に祈りましょう(笑)

ChinaPostで到着

Amazonのマーケットプレイスで購入する場合、中国からの発送する業者が多いので、到着までに時間がかかります。時間に余裕をもって注文することをお勧めします。

中国郵便(ChinaPost)で届く荷物は、結構雑に扱われて届くことが多いのですが、今回購入した業者さんは丁寧に梱包していただけてました。

多少の隙間はありますが、箱全体的にテープでグルグル巻きの状態で届きました。

裏側もテープで完全に覆い尽くされています。私が経験した荷物では一番丁寧に荷造りされてました。

早速開封

梱包を開封してみると、キーボードは袋に入っていて、外側に緩衝材(プチプチ)で保護されていたので、輸送梱包としては完璧でした。もっと雑だと想像していたので、今回の業者さんは素晴らしい管理状態でした。

やっぱり新品のキーボードは良いですよね。

パーツ裏面もピカピカの新品です。

おまけで、交換作業用のミニドライバーも付属していました。

現状の日本語キーボードとの比較。「半角・全角」や「無変換」など余計なキーが配置されていないので日本語キーボードより、すっきりして、こっちの方が好みです。

まとめ

中古で購入したノートパソコンの場合、キーボードの擦れやテカリなどが気になります。使い込まれている場合、キートップが削れていたり、特定のキーの反応が悪くなっているケースもあります。

Lenovo ThinkPad Xシリーズなどは、Amazonなどで交換パーツの入手性も高いので、他のメーカー製のノートパソコンよりも、カスタマイズ性が高く、個人的には気に入っています。

底面のネジを外すことで内部に簡単にアクセスできるので交換作業などの保守性も高いので、自分でパーツのアップグレード作業ができる方には最適なノートパソコンだと思います。

次回は、交換作業について記事を追加していきます。

ThinkPadの英語キーボードの交換に困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です