single.php

GoogleChromeでパッケージ化されていない拡張機能を読み込む方法

Google Chromeの拡張機能で以前のバージョン(パッケージ化されていない)拡張機能を読み込む方法を備忘録的な記事です。セキュリティ的に脆弱性な部分は否めないので、どうしても使いたい場合の話です。

スポンサーリンク

Chrome拡張機能

ブラウザの機能を拡張して、使いやすくするために様々な拡張機能が用意されています。

そんな便利な拡張機能ですが、Chrome側のバージョンアップで、拡張機能の脆弱性を埋めるためにパッケージ化という仕組みが導入されました。

バージョンアップで追随している拡張機能がほとんどですが、一部の拡張機能については、開発が終了してしまって、新しいバージョンに更新されないケースもあります。

過去バージョンの機能拡張をロードする方法がまだ用意されています。

1. URLを入力する場所に[ chrome://extensions/ ]と入力して拡張機能画面を表示します。(左上メニューから[その他ツール|拡張機能]メニューの操作でも表示されます)

2. 画面左上の「デベロッパー モード」を有効(つまみを左に)にします。

3. 追加で表示されたボタン[パッケージ化されていない拡張機能を読み込む]ボタンをクリックします。

4. 表示された「拡張機能のディレクトリを開いてください」画面で、拡張機能が保存されているフォルダーを選択します。

5. 以前のバージョンの拡張機能が読み込まれて利用可能になります。

まとめ

Google Chromeのブラウジングやダウンロードなどの機能を便利にする拡張機能ですが、更新時に追加されたパッケージ化機能に対応していない拡張機能でも「デベロッパーモード」を有効にすることで、古いプラグイン(拡張機能)読み込んで利用することができます。

セキュリティに直結するため、利用しない方が無難ですが、どうしても使いたい拡張機能をデベロッパーモードにすることで、一時的に利用可能にすることができます。

パッケージ化されていない拡張機能の利用方法について困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です