single.php

ELEGOO MARS PRO Z軸調整のやり方(adjust Z axis)

光造形3Dプリンター(ELEGOO MARS PRO)のマニュアルを読んでいて、Z軸の原点調整の部分が難解だったので備忘録的な投稿です。

スポンサーリンク

レビュー動画でも間違えている

購入前に見てたレビュー動画でも、Z軸の調整(原点合わせ)が紹介されていますが。実際にやってみたら、間違えているケースもあったので、注意してください。

「ELEGOO MARS PRO」に同梱されているマニュアルは英語版のみなので、挿絵や画面ショットだけを頼りに進めていくと、ハマります。

特にZ軸の原点合わせは、印刷したモデルに大きな影響を与えるので、しっかり調整しておきたい所です。

ホーム位置にしてから微調整

操作マニュアルによると、レジンタンクを取り外して、A4の用紙を置いて位置合わせをする手順になっています。その際に次のような注意書きがされています。

Since tightening the screw of the build plate will change the tightness when pulling out the A4 paper, you need to calibrate the height of the Z axis slightly again.

if there is no resistance of only a few resistance when pulling out the A4 paper, click to descend the Z axis at the distance of 0.1mm.

if the paper cannot be pulled out or the resistance is very high, then you should click to rise the Z axis at the distance of 0.1mm.

if there is some resistance but you can still pull it out with slight efforts, then stop adjust Z axis.

After the above leveling is complete, set the current Z axis position as the initial height of the first layer of printing.

The operation is as follows: return to the previous interface and click “Set Z=0”. At this time, the screen will pop up a message as shown in the picture. Click “Confirm” to complete.

ELEGOO MARS PRO マニュアルより抜粋

要約すると、「A4用紙にプレートを接触させて少し力を入れて用紙が抜けるくらいの位置になるまで調整する」という感じになっています。

具体的には次のような手順になっています。

1. レジンタンクを取り外します。

2. 上部のプレートを固定しているネジを六角レンチで緩めます。

3. A4用紙をレジンタンクを取り外した場所に置きます。(重要なのは用紙の厚みで大きさは関係ないので、半分に切っても大丈夫)

4. 電源を入れて液晶パネルの[Tool]をタッチします。

5.[Manual]をタッチします。

6. [(家)アイコン]をタッチします。

7. プレート部分が下降して停止します。

8. プレート部分を軽く押さえながら、六角レンチで2つのネジを軽く締めます(力を入れ過ぎると、A4用紙の下の部品を破損してしまう恐れがあるので、プレートを上昇させてからネジを締めた方が安全です)この手順では仮締めのような感じ。

9. 液晶パネルの[0.1mm]をタッチしてから、[△]でプレートを上昇させます。(上昇量が0.1ミリなので、上がった感覚はありません)

10. [△]を2~5回繰り返してタッチしてA4用紙がプレートから軽い力で抜ける高さに調整します。

11. [▽]を1回タッチして、プレートを下降させて用紙が力を入れないと抜けないか確認します。

12. [Back]をタッチして戻った画面の[Set Z=0]をタッチします。

13. 確認メッセージで[Confirm]をタッチします。

14. [10mm]をタッチしてから[△]を数回タッチしてプレートを10センチくらい上昇させてから、レジンタンクを取り付けます。

MARS PROの場合、液晶パネルの[ホーム]ボタンで下降したプレートが停止した場所が、Z軸の原点ではありません。プレートが自動で止まるのでオートで調整された感がありますが、実際には手動で高さを調整する形になっています。

まとめ

Z軸の調整は、印刷するモデルに影響を与えます。ELEGOO MARS PROの場合はA4用紙をプレートと本体の間に挟んで行いますが、自動で行われません。

実際には、プレートが下降して自動で停止した高さから、0.1ミリ単位で手動でプレートの上昇と下降を繰り返して、用紙が力を入れないと抜けない高さで調整する形になっています。

1度調整すると、しばらくは調整しなくても良い構造になっているようなのでしっかりと調整しておくことをおススメします。

ELEGOO MARS PRO のZ軸合わせで困っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です